Twitterでビジネスを加速する方法

著者 :
  • ソーテック社
3.78
  • (16)
  • (34)
  • (21)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 304
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881668573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010年発行のものなので、2015年現在使い方が違ったり(Twitterって今はリツイートするのボタン押すだけで簡単だけど、昔はわざわざコピペしてRTと入れないといけなかったんだと知ったり)、掲載されている無料サービスのサイトが使えなくなっていたりするものはあるけど、図書館で借りた割にはまあまあだったかな。
    一番この本でためになったのは、「Twitterはメールと違って暇な時に見ているものなので、ツイートは多いほうがよい」というところ。確かにメールは一々その人のところに届くので回数が多いとうざがられるが、Twitterなら一応相手は見に来ている状態なので、多くても構わない、むしろ多いほうが接触回数が多いことによる親近感をわかせる、というところはなるほどと思った。
    これを読むまでほとんどリツイートをしたことがなかったんだけれど(リツイートの仕方もよく分からなかったし、していいのかどうかも分からなかった)、リツイートしたほうがいいと書いてあったので、ちょっとでも「いいな」と思ったものはリツイートするようにしているのと、フォローも少しずつ増やすようにするようになった。
    あと社内の連絡目的で非公開のアカウントを利用するというのもなかなかいいなあ、と思った。確かに急ぎではない進捗状況や報告などが都度メールで送られてくると、携帯で受信するようにしていれば携帯鳴りまくって困るし、ゆるい報告はこちらの方が適している気がする。
    「リンクのあるツイートとリンクのないツイートでは、リンクのあるツイートの方が3倍リツイートされやすい」らしい。リンクのあるツイートのほうが嫌われそうな気がするが…。また今は状況が違うのかもしれないが、これはちょっと気にしておこう。

  • うーん。いい?かも。

  • いまさら、ツイッターかよと思われるかもしれませんが、まだまだツイッターはビジネスに十分活用できることを示してくれる一冊。精神科医ならではの分析も説得力があります。ただもう少し実用例を出してくれた方が具体的にイメージが湧きやすかったかも、、、

  • 同氏の「ツイッターの超プロが教えるFacebook仕事術」を読んで

    同書も読むまでもなく駄本と判断。

    約3,000円の無駄遣いでした。

  • p30 ツイッターの世界では、「ツイート回数は多ければ多いほどよい」という雰囲気があります。

    p36 人は、自分の言葉に耳を傾けてくれる人がいるのがうれしいものです。・・・「承認欲求」とは、人間にとって非常に根源的な欲求なのです。

    p42 ツイッターが得意とするのは、フォロワーとの心理的距離を縮めること。あなた、あなたの会社、あなたの商品の熱心なファンを育てること

    p46 同じ立場のユーザーの中から、非常にうまくツイッターを活用している人をフォローして「モデル」とすべきです。

    p72 ツイッターの前にいる人たちは、まさに「今を生きる」気分、そのものです。

    p78 ツイッターでは人間的なものが好まれます。逆にいうと、機械的なものは嫌われます。

    p213 ツイッターでは、「売りコミ」よりも「口コミ」のほうが、何倍も重要になります。

    p229 ツイッターでの広告、集客、販売プロモーションの延長戦として、「ツイッターサポート」を配置することで、効果は最大化すると考えられます。

    p230 リンクのあるツイートのほうが3倍リツイートされやすい

    p234 ツイッターユーザーの目的は、「情報集め」と「交流」です。

  • ツイッターについてほとんど知らなかったので、
    取り敢えず手に取った本。

    先日、読んだ同じ著者の「ソーシャル文章術」が
    予想以上に自分に会っていたので、この著者のツイッター本を選びました。

    読んでみると期待どおり、
    基礎のキから、ビジネスへの応用まで幅広くカバーしてくれていて、
    とても勉強になりました。
    ツイッターはまだ細々と匿名&実験的にたしなむ程度なので、
    今後フェイスブックと連動させたりしながら、効果的に使いたいなぁ…と思いつつも、
    その労力が大変そうなので簡単な情報収集にとどまっている形です。
    ちゃんと使い倒すにはもう少し時間がかかりそうですが、
    その時はとても役立ちそうな本です。
    もっともっとツイッターを楽しみたい人にも
    中々オススメだと思います〜。

  • twitterが人と人との関わりであるために自己開示することの意味と、フォロワーが多いことの重要性を読んで納得。
    読み進めたいけど、掲載されているサイトをいちいちチェックしたり自分の(仕事用の)アカウントを見直したりしてしまいまだ半分。
    当たり前のことが書いてあるんだけど、当たり前のことをちゃんと継続してすることが難しいのかも。

  • 少し前の本ということもあって、そんなに新しい情報はなかったけど、それでも著者の徹底的な目のつけどころは参考にはならなくもない。
    著者のTwitterをフォローしてみたけど、宣伝ばかりで結局フォロー外してしまった・・・。
    判断基準が「すごいと思われる」ばかりなのはビジネスに特化しているから仕方ないのだろうが、個人的には少し違和感。

  • twitterのビジネス戦略・マーケティング戦略を学習する一環として読んだ。
    Amazonのレビューを参考に購入したわけだが、出版が今から1年半前ということもあり、自分の知っている内容がほとんどだったし、ビジネスを加速する方法と謳っているほど大した内容は書かれていなかった。

    SNS戦略系の書籍を購入する際はレビューも大切だが、やはり最新のホットな情報が記載されているかどうかが一番重要なんだなと実感した。

    ただtwitter初心者がtwitter利用目的を情報受信と発信の両方で考えている人にはオススメの本です!

  • 非常に読みやすいけど、自分の活動に生かせるのは半分くらい?

    twitterの特性かもしれないけど、
    これを読んですぐになにか効果を発生させるのは難しいかも。
    それよりも、自分への意識付けくらいの気持ちで使った方がいい。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

Twitterでビジネスを加速する方法を本棚に登録しているひと

ツイートする