パラダイス (現代アメリカ文学叢書)

制作 : 三浦 玲一 
  • 彩流社
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882021841

作品紹介・あらすじ

ポストモダン派の旗手によるニューヨーク小説。ドラッグ、暴力、性的奔放、ホームレス、クリスチャン・ロック、不倫、犯罪、狂犬病スカンク等の巨大都市ニューヨークに纒わるイメージを自壊に追い込むポップ・メタフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014/1/11購入

  • 建築家の男と女三人がニューヨークのある部屋での共同生活の話。ちゃんとした筋はなく、コラージュ的なシーンの連続で、読むのに、筋を追う快楽があまり用意されていないため時間がかかる。筋がなんとかある話のほうがいいなぁと思う。しかし、独特の会話の雰囲気がとてもいい。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

Donald Barthelme 1931-1989 フィラデルフィアに生まれ、2歳の時に移ったヒューストンで育つ。ヒューストン大学卒業。新聞記者、ヒューストン現代美術館の運営、編集者等を経験。62年、ニューヨークへ移り、美術と文芸を扱った雑誌「ロケーション」の編集に携わりながら、「ニューヨーカー」誌を中心に前衛的な手法による短篇を発表し始め、70年代になると同誌に定期的に掲載されるようになる。「断片だけがぼくの信頼する唯一の形式]という信条を持ち、言葉のコラージュ、パロディ、独特の造語などの手法を駆使し、逆説、風刺、寓意に満ちた作品を数多く発表。現代アメリカ文学を代表する作家。邦訳著作に『パラダイス』(彩流社、1990年)、『口に出せない習慣、不自然な行為』(彩流社、1994年)、『哀しみ』(彩流社、1998年)、 『罪深き愉しみ』(彩流社、1995年)、『アマチュアたち』(彩流社、1998年)、『シティ・ライフ』(白水社、1995年)、 『死父』(集英社、1978年)、『雪白姫 白水Uブックス 』(白水社、1995年・旧版・白水社、1990年)、『王』(白水社、1995年)、『帰れ、カリガリ博士』(国書刊行会、1980年)などがある。

ドナルド・バーセルミの作品

ツイートする