灰地に赤の夫人像

制作 : Miguel Delibes  喜多 延鷹 
  • 彩流社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882023722

作品紹介・あらすじ

スペイン語圏で多くの読者をもつデリーベスの最新作。独裁者フランコの死を前に騒然とした空気に包まれたカスティリャの小都市で、つつましい生活を送る画家が、亡き妻の思い出を娘に語りかける悲哀に満ちた物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全編一人の男性のモノローグの小説。
    どうやら父親が娘にむかって話しているらしい。その娘は何かの理由でしばらく家に来ることができず、母(=語り手の妻)の死にも立ち会えなかったようだ。語り手はどうやら画家らしく、そのインスピレーションの元は亡き妻だったようだ…。

    目次も章立ても全くない。おそらく久しぶりにあった父と娘が亡き母について語り合っているのだろう。
    脳腫瘍になった妻の最期の日々、妻がいかに自分を支えてくれたか、どんなに魅力的な人間だったか、いかに周りの人に愛されていたか。そしてその妻をこんな形で突然に失った慟哭を、娘の前で静かに語り続ける。そのモノローグだけでできている小説。

    娘に向かって話しているのだから、登場人物は2人にとって説明不要。いきなり「あの◯◯が…」と話し出す。時間も過去のあらゆる時点を行き来しながら家族の、夫婦の、そして夫婦になる前の出来事を語り続ける。

    読む方にとっては始めは「???」の連続になってしまう。しかし読み進むにつれ父親の話を聞く娘の気分になり、「母さん」の人となりが生き生きと浮かび上がってくる。そしていかに主人公が妻を愛していたかが伝わってきて、その妻の最期を語るところでは胸にずしんとくるものがあった。

    ミゲル・デリーベスが亡くなった夫人に捧げた小説。早くからデリーベスの文才を見抜き、小説の執筆を勧め、フランコ政権の検閲下のもと創作活動を支え続けた夫人への報恩をこめたラブレター。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(Miguel Delibes)
1920年、スペインのバリャドリッド生まれ。2010年、バリャドリッドの自宅で逝去。1947年に『糸杉の影は長い』でナダル賞を受賞。それ以後、幅広い文学活動により数々の文学賞を受けている。カスティーリャ地方を舞台にした作品が多いが、代表作として『糸杉の影は長い』『マリオとの五時間』『赤い紙』『異端者』などがある。

「2011年 『落ちた王子さま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミゲル・デリーベスの作品

灰地に赤の夫人像を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする