スペイン「ケルト」紀行―ガリシア地方を歩く

著者 :
  • 彩流社
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882026471

作品紹介・あらすじ

「ラテンの鎧を着たケルト」とは何か? アイルランド、スコットランド、ブルターニュなどと並んでに加えられるスペインのガリシア地方に、現在のケルトの息吹き、過去とのしがらみ、住民の気質や風土をたずねる歴史探索紀行。
「オウレンセで偶然出会ったガイタ(バグ・パイプ)の演奏、ルーゴの美しい塁壁、セブレイロ村のパリョーサ、広大なヴィラドンガ遺跡、のどかな海岸沿いを走るローカル列車、天空にそびえるア・コルーニャのヘラクレスの塔、「最果ての地」のフィニステレ岬、強烈な潮風に吹きつけられたバローニャ遺跡、巡礼者でにぎわう聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ、活気みなぎるヴィーゴの町並み、ガリシア特有のオレオとクルセイロ、「ケルトの村」と呼ばれるサンタ・テクラ遺跡……。ガリシアはじつにいろんな顔を見せてくれた」。(本文より)実際に歩ける地図付き、写真多数.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年の Vuelta a España の10st〜14stの舞台のガリシアを「ケルト」をキーに尋ねる旅行記。
    ブエルタのなんちゃって空撮されてた要塞とか、ホアキン・"プリート"・ロドリゲスさんがもらっていた模型のパリョーサはローマ時代からの名残の建物だとか「おぉ、あれはそうだったのか」な気付きが多かった。2013はガリシアのポンテベドラでスタートとするし、予習も兼ねて読了。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

エッセイスト

武部好伸の作品

ツイートする