反グローバリズム: 新しいユートピアとしての博愛

制作 : Jacques Attali  近藤 健彦  瀬藤 澄彦 
  • 彩流社
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882027270

作品紹介・あらすじ

“テロと戦争の新世紀”へJ・アタリの具体的な提言。“グローバリゼーション−市場主義”が招く恐るべき世界とは? 「自由」「平等」「民主主義」そして「博愛」「ユートピア」——手垢にまみれた概念を根底から洗い直し、新たな思想−行動原理を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グローバル経済下での民主主義の劣勢嘆き、幸せをを求めて歴史を廻り様々なユートピアを検証し博愛を説く、難解でとても諄い言い回しが厳しい一冊ではありました。

    博愛こそがユートピアへの希望として、市場と民主主義のバランスを取るべくネットワークを通じて博愛の絆を繋げていこうと呼びかけている(超ザックリ過ぎですが^^;)。

    田坂宏志氏の「これから何が起こるのか」での「マネタリー経済」から「ボランタリー経済」への進化とか、タラハント氏の「ツイッターノミクス」に於けるギフト経済、ウッフィーなどと共通する考えのようです。本書が一番古いので、これが源流と考えるのが適当そうですね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1943年11月1日アルジェー生まれ。フランスを代表する知識人。81年〜91年大統領補佐官、欧州復興開発銀行総裁も努める。

「2001年 『反グローバリズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・アタリの作品

ツイートする