フランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩く

著者 :
  • 彩流社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882028260

作品紹介・あらすじ

同じ著者によるケルト紀行シリーズ5作目。フランス異色の地・ブルターニュは、ケルトの宝庫だった。各地にのこるアーサー王伝説、聖アンナ信仰、奇妙な巨石、ブルトン語、さまざまなフェスティバルなど、ケルトを幻視する歴史紀行。写真・地図多数。
「おわりに」から→今回の旅ではあちこちで、アーサー王をはじめ〈ケルト〉の幻影を体験することができた。それもこれも、ブルターニュに〈ケルト〉がいまなおしっかり根づいているからである。……ほんの少し、〈ケルト〉を頭の片隅に入れておくと、ブルターニュにただようきわめて濃い〈ケルト〉にビンビン反応できる。……ブルターニュの古都ナントからスタートし、イール・エ・ヴィレーヌ県、モルビアン県、コート・ダモール県、フィニステール県の順で筆をすすめ、かつてドゥルイド教の拠点だったサン島で締めくくった……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

エッセイスト

武部好伸の作品

ツイートする