古代水辺民の物語: 太陽の生まれる楽土を求めて

著者 :
  • 彩流社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882028284

作品紹介・あらすじ

壮大な構想による“理論先史学”への試み。新石器時代を開き発展させたわれらの祖先・古代水辺民の足跡。ペルシャ湾からアジア大陸沿岸を移動しつつ日本列島に及ぶ文化と技術の古代史。

著者プロフィール

著者経歴
 1930年生まれ。 九州大学工学部で電気工学を専攻
電力会社、エンジニアリング会社、 社会福祉法人などの勤務を経て、 現在は英語翻訳(自営)に携わりながら古代史の研究を続けている。
著書 『古代水辺民の物語──太陽の生まれる楽土を求めて』(彩流社)

「2004年 『古代水辺民の遺産 新石器時代の文化基盤』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉富春成の作品

古代水辺民の物語: 太陽の生まれる楽土を求めてを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする