• Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882581017

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日常のこと、仕事のこと、ことばのこと、書くということについて、世代のちがう3人が、鋭く、深く、やさしく語り合う。ことばへの思いと創作の秘密を明かした本。いま、読んでおけてよかったね。
    読書メーターにあったレビューが、とてもよかったので、以下、引用する。

    30年前のバブル最盛期の対談当時、ばなな25才、谷川57才、高田56才。親子ほどの年齢差があるのに、男性陣(詩人と元編集者)の彼女に対する態度はとてもジェントルだ。弱い者への気遣いではなく、相手を対等な立場に置いて認めるマナーが心地よい三角宇宙。それは互いの作品とその読者に対するリスペクトで成り立っている。

    初めて書いたのはいつ? どんな小説? 漢字を開くのは難しい?という問いがどこか官能的なのは、小説が性を包含する生を対象としているからだろうか。彼らの宇宙にそれぞれの死生観が映されて互いを照らす。

    3人の作家、相という字は、木目と書く。昔から、人は樹木を見ることで生命エネルギーを得ることができると考えていて、見ること、視点を持つこと、眼差しを大切にしてきた。それは魂が振れ合うことであり、樹木の木目をぴったりと合わせるように、相手を尊重することだ。見るだけでなく、言葉を発することでも、生命エネルギーは振れ合うという。そんなつもりはないのだけれど、どうやら僕は違うことをしているらしい。言ってはいけないこと、行くべきではないところへ、間違った優しさを発揮してしまっている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

ツイートする
×