海辺の町を走るバス (そうえん社・日本のえほん)

著者 :
制作 : 小林 豊 
  • そうえん社
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882642442

作品紹介・あらすじ

海辺の町でうまれそだった中田さんは、夢がかなって、バスのうんてんしゅになった。いつものように、バスをうんてんしていると、ふみきりのところで、せんろのなかをあるいているひとを見つけた。中田さんは、バスをおりると、いそいで、せんろのなかを走っていった。ひととひととのふれあいと、いのちの大切さをあたたかくえがく絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事か人の命か。
    バスと電車の対比、人々の反応の差に悲しくなりました。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

西本鶏介 / 1934年奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、民話研究、創作と幅広く活躍。絵本に『おじいちゃんのごくらくごくらく』『まよなかのたんじょうかい』(以上、鈴木出版)、『お母さん、ひらけゴマ!』(ポプラ社)など多数。

西本鶏介の作品

海辺の町を走るバス (そうえん社・日本のえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする