オオサンショウウオ (そうえんしゃ・写真のえほん 12)

  • そうえん社
4.18
  • (9)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882643319

作品紹介・あらすじ

世界で初めて撮影に成功したオオサンショウウオの産卵から子育てまで、謎多き世界最大の両生類の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 7:1

  • 最近、『オオサンショウウオみつけたよ』(これは、写真でなく、挿絵)を読んだばかりなので、今度は、本物を見てみよう、、、ってことで、図書館から借りた一冊。
    子どもは、ますますオオサンショウウオに愛着。

    オオサンショウウオの産卵がよくわかる。

  • グロテスクなはずなのに、とでもユーモラスで生き生きとしたオオサンショウウオ がいっぱいの絵本でした。幼い頃からサンショウウオが好きで好きで。何でこんなに好きなのかは分からないけれど、この絵本を読んでもっと好きになりました。夜の川にじっとうずくまっているオオサンショウウオの写真がとても綺麗でした。

  • オオサンショウウオの生態を描く写真絵本。
    オスが子育てをすることや、のんびりとした狩りの方法など、知らなかったことが多くて面白かった。メスを巡る戦いの写真はなかなかの迫力。どうやって撮影したのだろう。

  • すげぇでけぇオオサンショウウオ!!
    びっくりするくらいオオサンショウウオでいっぱいです、ホントびっくり。
    巣穴から頭がポコポコ生えてるみたい…大量ですねー。
    まさかの日南ハンザキ道場にもびっくりです。こんなにいるとは…。
    川底から水面に映るオオサンショウウオの写真がものすごく綺麗です。

    2014/09/01

  • ダンゴムシに続き、チビくん(2歳)のチョイスはすごい。

  • 写真 福田幸広

  • オオサンショウウオの一年が丁寧に描かれている。写真付きなのでよくわかる。

  • ★★★★★
    写真絵本。
    オオサンショウウオの暮らし、産卵、子育てを、サンショウウオが語る。
    大口の写真、迫力。うっかり子どもをパクリとやって、あわてて吐き出す場面に笑いました。
    ちゃんとわかるんだねえ
    (まっきー)

  • キヤノンの写真家を紹介するドキュメンタリー番組にて、初めて動物写真家の福田幸広氏を知りました。
    その番組中に紹介されたオオサンショウウオについて、その生態を6年に渡って水中ダイビングし追い続け、世界で初めての撮影に成功されたとのこと。
    オオサンショウウオは世界最大の両生類で2300万年前から変化していない、生きた化石と呼ばれ国の特別天然記念物となっているとのことです。
    BBCのwildlifephotographer of the year 2014という世界最高峰の賞を受賞された写真が表紙になっているのですが、この卵を抱いているオオサンショウウオの心満たされたような表情が最高に素晴らしいです。
    絵本になっているので小さな子供でも読みやすく分かりやすくそして大人でも感動する一冊です。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター。福田幸広の撮影すべてに同行し、取材の様子を克明に記録。出版時の文章を担当している。写真絵本『オオサンショウウオ』(そうえん社)では、小学館児童出版文化賞を受賞。

「2021年 『仲間と暮らすニホンザル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆうきえつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
くすのき しげの...
tupera t...
なかがわ りえこ
ヨシタケ シンス...
A.トルストイ
中村 牧江
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×