いろいろおんせん (ケロちゃんえほん)

制作 : 長谷川 義史 
  • そうえん社
3.54
  • (6)
  • (6)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882644118

作品紹介・あらすじ

いろいろおんせんはいろんないろのおんせんです。おんせんにはいるとあらまあふしぎ!いったいどうなっちゃったの?みんなもいっしょにおんせんにはいってみない?さいごのページにいろいろおんせんのうたもついてるよ!うたってみてね。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.01.14読了

  • 1分ちょい

  • ちゃいろのごりらがやってきてあおいおんせんはいったら…。物語の展開は単純ですが次は何色かな?次は何の動物かな?とお子さんと盛り上がることのできる一冊です。(はま)

  • なんかフシギ。それじゃあさ、赤い温泉と青い温泉が混ざったら、ムラサキになんのかな。あ、この表紙と後ろのこれ、オレンジになるんじゃない?それとも、オレンジの噴水?
    あとさ、黒い温泉にカラスが入ったらそのまんまなの?(S8)
    フシギ~!(M5)

    シマウマもパンダも白い色は変わらないんだね。

  •  <1~3歳児向け>

     いろいろおんせんには、いろいろな色の温泉です。色々な温泉に動物達が入ると・・・何とからだがその色に変わってしまうのです。色や動物を理解しながら何度も繰り返し読んでいる内に、子ども達も登場してくる動物の順番を覚えたり、誰が何色になるかを予想して楽しんでいました。
     子ども達にとっても、わかりやすく読み聞かせしやすい絵本です。温泉の歌を一緒に歌いながら見るのも大好きで、とても喜んでいますよ。

  • ケロオンズの「カラフル温泉」を絵本にしたもの。単純な話だったが、最近色が少しわかり始めたからか、なかなか楽しんで見ていた。

  • いろんな動物が、色つき温泉に入って、その色に染まっちゃう。
    青ゴリラ、黄色いウサギ、緑のシマウマ、ピンクのカラス、赤白パンダ、人間の子どもが虹色温泉に入ったら、虹色噴水が飛び出した。
    幼児向け

  • 支援センターの読み聞かせで。「も!」ともう一回読んでほしそうにしていた。/カラフルな温泉。つかった色になっちゃうってクリエイティブだな。(母)

  • きいろの温泉に入ったら、黄色に。ピンクの温泉に入ったらピンクに。にじいろおんせんに入ったら?

  • 1分45秒。
    色彩鮮やかで楽しさが伝わってくる。「絵」をおもいっきり自由に書きたくなる。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ますだゆうこ
東京都出身。国立音楽大学教育科、幼児教育専攻卒。子どもたちに大人気のスーパーデュオ「ケロポンズ」として全国各地で親子コンサートや保育セミナーなど行うほか、NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」「すくすく子育て」に楽曲提供など、幅広く活躍中。たちもとみちこ氏とのコンビで、絵本『ハロウィン ドキドキ おばけの日!』『クリスマス わくわく サンタの日!』『ひなまつりルンルンおんなのこの日!』『せつぶんわいわいまめまきの日!』『おしょうがつおめでとうはじまりの日!』『七五三すくすくおいわいの日!』(文溪堂)を刊行。その他絵本の文章にケロちゃん絵本シリーズ(そうえん社)など多数。

「2019年 『行事絵本カレンダー2020』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ますだゆうこの作品

ツイートする