二日月 (ホップステップキッズ!)

著者 :
  • そうえん社
4.02
  • (28)
  • (43)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 319
感想 : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882645375

作品紹介・あらすじ

あたしの妹、1歳の芽生。まだ歩けないし、立てないし、ハイハイも、おすわりもできないし。そういうことができるようになるかもわからない。だけど、芽生はあたしのそばにいる。あたしはいつも、芽生のそばにいる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生まれてくるのを楽しみにしていた妹には障害があり、両親はそちらにかかりっきりになってしまう。
    妹は可愛いし大切だけど、淋しかったり悔しかったり…。
    複雑な心情が素直に描かれていて、共感できる。
    タイトルの「二日月」は、最後にそういうことかと納得した。

  • 待望の妹は、障害があってミルクを上手に飲めないし、大きくならない。ママは妹にかかりっきりでさみしい思いもする主人公。事態が最後に急転して大団円という話ではないのだけれど、心の揺れ動きを丁寧に掬い取った作品。中学年から。

  • 私は、杏のさみしい気持ち、分かる。

  • 障害をもった妹をもつお姉ちゃんの話。

    少女の心の葛藤、友だちの言葉や態度へ向けられるモヤモヤとした感情がとてもわかりやすく書いてあった。

    登場人物それぞれの立場で読むとまた違う発見があるのかも…
    何度も読み返したくなる。そんな気持ちになりました。

    最後は前向きに、ありのままの自分を受け止められるようになる作品でした。

  • 楽しみにしていた妹の誕生。
    でも妹には障がいがあって、ママは妹につきっきり、パパもがんばってはくれるけど、やっぱり4年生の杏には我慢もしんどい。
    素直な気持ちが描かれていて、周りの友達も大人も優しい。
    障がい者当事者には当事者の、家族には家族の大変さがきっとあるし、だからと言って、かわいそうとか、不幸だと一律には言えない。やまゆり園しかり、深いテーマだし答えはないけど、子どもが考える一歩としてよい本だと思う。

  • 障害を持って生まれてきた妹を見つめながら成長する小学4年生の女の子。元気で優しい親友と強い母。周りの人たちがいい人で、いじめられたりしないので、心の成長だけを中心に安心して読める。

  • 「障がいが残るかもしれない」と言われた、生まれたばかりの妹を中心に回る家族。両親の負担にならないよう、「いい子」でいなければと思う小5の少女の、妹に向ける複雑な気持ちが素直に綴られている。落ち込んで、気を取り直して、また落ちこんで、という繰り返しを月の満ち欠けに重ね合わせて、今まっくらでも必ずまた明るくなると希望を見出していく。
    妹を連れて外に出て行き、人と交わる勇気をもっている母親は正しく強い。また、「ままならないことをなげいても仕方が無い」という、はっきりした考えを持つ少女の親友の強さも好もしい。

  • #二日月
    #いとうみく
    #そうえん社
    #児童書
    #読了
    障がいがあり、入退院を繰り返す妹。そのそばでいい子でいなくちゃとがんばる杏。きょうだい児という言葉があるそうですが、まさにそういう話です。妹は大事、でも…と揺れ動く感情が素直に描写されています。お話の終わり方がまた素敵でした。

  • 読書感想文

  • 基本となる家族についてはしっかり書かれている。
    友達関係、障がいの子についてはやや中途半端な感じが残ったけれど、「誰にでも読みやすい」作品としてはいいと思います。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとうみく 神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第39回日本児童文芸家協会賞、『朔と新』(講談社)で第58回野間児童文芸賞、『きみひろくん』(くもん出版)で第31回ひろすけ童話賞を受賞。おもな作品に『かあちゃん取扱説明書』(童心社)「おねえちゃんって」シリーズ(岩崎書店)など多数。「季節風」同人。

「2022年 『ちいさな宇宙の扉のまえで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いとうみくの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンブース
村田 沙耶香
アンヌ クロザ
又吉 直樹
大西 暢夫
F.エマーソン・...
福田 隆浩
辻村 深月
戸森 しるこ
三浦 しをん
ドリュー・デイウ...
ふじもと みさと
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×