動物よもやま話 キリスト教、仏教、神道をめぐって

  • 聖公会出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882742890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【新着図書ピックアップ!】いろいろな場面に登場する14の動物(犬猫やハエ、竜、フクロウなど)の取り上げて、それらが、食べ物として、ことわざ、キリスト教、仏教、神道での登場の仕方など、実に様々な点から、書いている。以外に知らないことも多いので、人に話したくなるかもしれないが、たぶん、そんなことに人は興味はもたないに違いない。個人のたのしみに読むといい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

理学博士。専門は有機化学・環境化学など。立教大学理学部教授を経て、現在立教大学名誉教授。認定NPO法人「ぶどうのいえ」理事長(2001~2016年。「ぶどうのいえ」とは、難病の子どもと家族のための滞在施設)
単著『聖書のかがく散歩』(聖公会出版,2012)。共著 『化合物辞典』(朝倉書店,1997),『ステロイドの化学』(研成社,2010),『動物よもやま話――キリスト教、仏教、神道をめぐって』(聖公会出版、2015)ほか、総説・オリジナル論文130編余。

「2019年 『聖書の植物よもやま話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀内昭の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×