喫煙の心理学―最新の認知行動療法で無理なくやめられる (GAIA BOOKS)

制作 : 作田 学  Kristina Ivings  福池 厚子 
  • 産調出版
3.80
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882826187

作品紹介・あらすじ

喫煙を専門とする臨床心理士、クリスティーナ・イヴィングス博士。彼女自身もかつては喫煙者であったため、私たちの禁煙を献身的に支援。
禁煙するには、喫煙を理解することが何よりも重要。本書では、多くの禁煙モデルがなぜ間違っているのか、あるいはなぜ不完全なのかを説明。そして新しい禁煙モデル(喫煙トライアングル)を用いて、私たちはなぜタバコを吸うのか、なぜ禁煙は難しいと考えるのかを説明。この概念を理解すれば、簡単かつ永久的に禁煙でき、多くの章にはワークシートが用いられており、そのワークシートには実際に役立つたくさんの根拠が記載されている。
どのようにすれば禁煙を継続できるか、そして悪戦苦闘するのであればどうすればいいのかを、本書は教えてくれる。


禁煙はこれを最後にしましょう。喫煙からの解放は、素早く、たやすく、永久に禁煙できる、全く新しい形の、臨床的に証明された方法を教えてくれます。
禁煙するためにスーパーマンになる必要はありません。クリスティーナ・イヴィングスの方法を用いれば、むしろ楽しみながら喫煙から解放されます。しかも、再び禁煙する必要は決してないのです。喫煙からの解放はあなたが本当に必要としていた唯一の禁煙本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2013.07.10読了)
    タバコをやめたい方、やめさせたい人がいる方、そして禁煙に失敗してしまう方にお薦めです。

  • 日本禁煙学会が推薦するだけあって,喫煙者にも読みやすく,治療者にも理解しやすい一冊。喫煙者の考え方,危険な状況なども記載され,治療上おこりうる抵抗,両価性(やめたいけど…,吸わない方が健康にはいいだろうけど…)といった点も勉強になる。依存症の治療は,やっぱり再喫煙(飲酒,ギャンブル)をいかに予防していくか,自分の危険な状況や言い訳をきちんと見つけて,それと向き合って,時には立ち向かい,時には逃げたり,時には過ぎ去るのを見届けたりする方法を身につけていくことが,今のところ(2011年現在)大事なのかなと思うし,研究的にも多い。
    非常にリーズナブルな値段でもあるので☆5つ。依存症関連に携わる治療者は是非読んでもらいたい。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする