アロマ療法大全 (GAIA BOOKS)

  • 産調出版
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882827214

作品紹介・あらすじ

105の精油と15のキャリアオイルの詳細データと効能性の高い症状別の組合せレシピを網羅し、メディカルアロマセラピーの可能性を広げる一冊。

からだと心への作用がひと目でわかる精油の成分と作用分布図のほか、治療に使えるアロマセラピーの基礎知識、確かな実証データに基づいた症状別組み合わせレシピなど、すぐに実践できる情報が充実。医療従事者、ケアに携わる人々、ホリスティックや統合医療の医師、看護師、助産師、薬剤師、理学療法士などのプロフェッショナルから、興味ある一般の方々まで、幅広く活用できるアロマセラピーブック。

●105の精油と15のキャリアオイルの詳細データ
●効用性の高い症状別の組み合わせレシピ
●ワンランク上の詳しい検証と適用法

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実践的なブレンドはいつも役に立ちます。
    聞きなれない、精油もたくさん登場します。

  • 精油の成分から作用と期待できる効能を知りたい時に、かなり使える。
    2009年に出版されたので、情報が新しい。
    初心者向けではないので注意が必要。
    だけどとってもいい本!

  • 2階書架 : WB925/WER : 3410151925

  • シャーリープライスほど詳しくないが、容易な文章とカラフルなビジュアルはプロ知識をもつアロマセラピストのメディカル導入に最適。精油やキャリアの選定はもちろんのこと、メディカル的な精油濃度について自分で判断できる程度の知識は必要。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1948 年生まれ。認定小児科看護師として数年間ミュンヘンの専門病院に勤務。治療師養成専門教育を受講中に精油に出会い、その後の仕事とプライベート活動に決定的な影響を受ける。1984 年から2003 年、ミュンヘンでホメオパシー、アロマセラピー、話し合い療法を中心とした診療所を開業。
1990 年、同じように精油に興味を持つ同志らとともに、アロマセラピーとアロマケアの推進、保護、普及を目的とした公益団体「登記社団Forum Essenzia」を設立。1992 年から2004 年まで、初代代表として団体のプロジェクトを多数発案、支援する。代表的な活動は、ミュンヘンで実施した3 つのシンポジウム「香りとの対話」の開催で、このシンポジウムは海外でも注目を集めることとなる。さらに日本と台湾にForum Essenziaを設立したほか、Forum Essenzia の教育プログラムの開発拡充、国内外での行事開催、アロマセラピーとアロマケアの専門雑誌『F・O・R・U・M』の刊行なども手掛ける。
就任中、Forum Essenzia は活動範囲を広げ、国内外に1000 人以上の会員を持つようになる。ここ数年来は、アロマセラピストのための教育の一環としてドイツ国内、ヨーロッパ、アジアなどで開催されている専門シンポジウムにて講演しているほか、書籍の執筆や、「精油」をテーマとした論文寄稿にも従事し、またテレビラジオ番組にも出演。著書『アロマ療法大全』(ガイアブックス)ほか、書籍は数ヵ国語に翻訳されている。1999 年3 月、ドイツ治療師協会が「自然療法分野での特別な功績」を称えて贈るクレメンス・フォン・ベニングハウゼン賞を受賞。

モニカ・ヴェルナーの作品

ツイートする