アシュタンガ・ヨーガインターミディエート・シリーズ―神話・解剖学・実践 (GAIA BOOKS)

制作 : 伊藤 雅之  chama  大田 直子 
  • ガイアブックス
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882828143

作品紹介・あらすじ

実践者も指導者も使えるアシュタンガ・ヨーガのインターミディエート・シリーズに関する初めての実践本。前著『アシュタンガ・ヨーガ――実践と探究』『現代人のためのヨーガ・スートラ』の待望の続編であり、インターミディエート・シリーズ27ポーズのすべてを、写真、解剖学に基づく図、そして実用的で有益な囲み記事によって、詳細かつ綿密に解説している。さらにアシュタンガ・ヨーガの哲学的・宗教的背景も論じ、実践をインド文化史の枠組みでも考察。前例のない深さの解剖学的説明と、実践の哲学的・神話的伝承に対する着目によって、読者を新たな次元へと導く。

◆ヨーガの3形態――カルマ、バクティ、ジュニャーナ――それぞれの背景と応用
◆実践を深めるためにインドの神話と宇宙論を利用する方法
◆ヨーガの伝統にとってのサンスクリット語の重要性
◆インターミディエート・シリーズのポーズ名の背景にある神話
◆背骨、仙腸関節、肩関節、股関節など、インターミディエート・シリーズに不可欠な体の部位の機能と限界
◆インターミディエート・シリーズ実践のメリットをすべて享受するための方法

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前編の「アシュタンガ・ヨーガ 実践と研究」にくらべて神話学がとても充実しています。アシュタンガのセカンド・シリーズの本となると、かなり上級編の印象を受けてしまうと思うのですが、インド思想を学んでいる人には得るものの多い一冊と思います。西洋人に対してちょっと説教くさいのもおもしろいです。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

ドイツの大学で歴史、哲学、比較宗教学を学ぶ。健康管理医免許を取得し、解剖学に対する理解を深める。1980年代から1990年代にかけて数年間インドで暮らし、シュリ・K・パタビ・ジョイス、B・N・S・アイアンガー、B・K・S・アイアンガーをはじめとする、さまざまな師の下で数多くのヨーガの流派を研究。1990年以降アシュタンガ・ヨーガに重点的に取り組み、1997年シュリ・K・パタビ・ジョイスにアシュタンガ・ヨーガ指導者資格を認められる。オーストラリア、パース在住。パースの8limbs Ashtanga Yoga Studioの共同創設者であり、理事を務める。2006年に著した包括的な教科書『Ashtanga Yoga: Practice and Philosophy』(邦訳『アシュタンガ・ヨーガ――実践と探究』『現代人のためのヨーガ・スートラ』いずれも産調出版)は、米国、インド、フィンランドでも刊行されている。講義やワークショップのスケジュールについては、www.8limbs.comを参照。

グレゴール・メーレの作品

ツイートする