子どもたちに寄り添う―カンボジア 薬物・HIV・人身売買との闘い (JULA BOOKSブックレット)

著者 :
  • JULA出版局
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882841258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カンボジア初心者にも分かりやすく、やさしく読みやすい内容。
    スラム、ドラッグ、性売買・・・。
    平和で豊かになりつつあるこの国でも、まだまだ陰の部分や、解決すべき問題はたくさん残っている。

  • ジャーナリスト工藤律子さんによるカンボジアでの体験レポート。カンボジアの歴史からスラムでの生活、売春や人身売買の実態等、カンボジアが抱える様々な事象を広く知る事ができる。また、カンボジアで活躍するNGOの活動にも触れられている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

スペイン語圏を中心に、貧困や格差といった社会問題、歴史や文化を取材している。
著書に、『仲間と誇りと夢と』(JULA出版局)、『ストリートチルドレン』(岩波ジュニア新書)、『マフィア国家』(岩波書店)など。『マラス 暴力に支配される少年たち』(集英社)で第14回開高健ノンフィクション賞受賞。NGO「ストリートチルドレンを考える会」共同代表。

「2018年 『ギャングを抜けて。 僕は誰も殺さない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤律子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×