金子みすゞの110年

  • JULA出版局
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882843061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 仙崎を訪れたことを思い出しました。素晴らしい土地、ここに住みたいと思ってしまいました。
    みすゞさんの美しい魂は、いつまでも私たち日本人の心の内にある気がします。

  • この春(2016年)萩に遊んだ折、妻の誘いで、バスで1時間余りの仙崎まで足を延ばした。ここは金子みすずのふるさとである。ぼくはみすずのことは多少は知っていたが、最初は鴎外のふるさと津和野行きを主張していたほどだ。それが仙崎へ行って、すっかりみすずにはまってしまった。それは仙崎にあるみすず記念館を訪れたからであるが、そこにあった本書を読むことですっかり夢中になってしまったのである。今でこそ金子みすずの名前を知らない人のほうが珍しいほどだが、今から30年余り前、矢崎節夫さんという詩人の発掘がなければ、みすずはごく一部の人にだけ知られ、そして埋もれていったかも知れなかったのである。ぼくは金子みすずの詩にも興味を引かれたが、それよりも金子みすゞの生涯、その生涯をよみがえらせた矢崎さんの情熱により興味を引かれた。本書は図版も多く、金子みすずの生涯を甦らせ、彼女の詩の伝道者を自負する矢崎さんの追跡を生き生きと伝えている。

  • 教文館ナルニア国 ブックトークの会
    2014年6月21日(土)午後2時~3時
    講師:柴崎大輔さん(JULA出版局)
    テーマ:『金子みすゞの110年』を編集して
    ~金子みすゞが読んだ、楠山正雄訳『アンデルセン童話全集』~
    【本の魅力を語る】
    参加費:1,000円
    定員:40名
    http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/e14b5e50

    JULA出版局のPR
    http://www.jula.co.jp/blog/2013/12/110_1.php

全3件中 1 - 3件を表示

金子みすゞの110年を本棚に登録しているひと

ツイートする
×