地域のグローバル化にどのように向き合うか (宇都宮大学国際学叢書)

著者 :
  • 下野新聞社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882865490

作品紹介・あらすじ

外国人児童生徒の教育に関する本。

ブラジル・ペルー人の南米系ニューカマー。
そのニューカマーの子どもたちが就学してから約20年。

定住化傾向が強まる一方で、
このような外国人がグローバルに活躍することは
今後の日本社会を大きく左右するものである。

栃木県は南米系児童生徒数の割合が非常に高い県であり、
この分野に注目すべき地域であると言える。

栃木県をフィールドとし、
多くの研究と事業に関わってきた著者による今後の展望とは―。

著者プロフィール

2021年12月現在
宇都宮大学国際学部教授

「2021年 『日本の国際協力 中南米編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田巻松雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×