死者の輪舞 (ミステリ名作館)

著者 :
  • 出版芸術社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882930563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 175.初、並、カバスレ、小口黄ばみ、帯付。
    2010.11.3.阿倉川BF。

  • 曲垣賞に沸く秋の競馬場で、一人の男が刺し殺された。たまたま居合わせた警視庁特犯課の新米刑事・小湊進介は、先輩刑事の海方惣稔とともに捜査を開始するが、今度はその犯人が射殺されてしまった。次々と連鎖していく被害者と殺人犯の奇怪な輪。そんなことがあり得るのだろうか?常軌を逸した連続殺人事件は、二転、三転、四転、五転…。読者をだますことに全精力を傾注する著者が、その面目を遺憾なく発揮した、本格推理の最高傑作―――――内容としてはある殺人事件が発生するがその容疑者が殺されてしまう、がその容疑者がまた殺されて……の繰り返しです。この構造は話の途中から読んでいて誰でも気づくので特にネタバレではないでしょう(というか登場人物がもろに語ってます)。話の構造が奇抜なので最後のトリックに驚く人はそんないないと思います。それにしてもよくまあこんな話を創りましたねえ。『ラットマン』を読んでこの作品を読むとミステリもちゃんと変わってるんだなあと思いました。コアなミステリファン向けの作品。

  • 海さんという変なキャラの刑事がなぜだかつぼ。
    面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1933年、東京都生まれ。76年『DL2号機事件』が第1回幻影城新人賞佳作入選。78年『乱れからくり』で第31回日本推理作家協会賞、90年『蔭桔梗』で直木賞を受賞。奇術家としても高名で、石田天海賞を受賞している。2009年永眠。

死者の輪舞 (ミステリ名作館)のその他の作品

死者の輪舞 単行本 死者の輪舞 泡坂妻夫
死者の輪舞 (講談社文庫) Kindle版 死者の輪舞 (講談社文庫) 泡坂妻夫

泡坂妻夫の作品

死者の輪舞 (ミステリ名作館)を本棚に登録しているひと

ツイートする