死後の恋 (ふしぎ文学館)

著者 :
  • 出版芸術社
3.68
  • (9)
  • (10)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882930952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドグラ・マグラだけじゃない夢野久作の真髄が垣間見える作品集。特に一人称の語りや手紙形式での告白がとても印象深く残る。10篇の作品が掲載されているが、中でも傑作なのはやはり「瓶詰め地獄」。短い物語なのに奥行きがすごい。

  • 古く感じる話もあれば、今でも新鮮に読めるものもあった。

  • 怖くて読みながら泣いてた。

  • 押絵の奇跡のみ

  • 面白かったけど、ちょっとおえっとなりました

  • 09/05/16読了。
    表題作の死後の恋とほかには悪魔祈祷書、鉄槌が面白かった。幻想的とホラーの紙一重なのかなとう印象。人間腸詰はグロかったけども(´ω`)

  • 2007年6月1日

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1889年、福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇味と幻想性の色濃い作風で名高い。1936年歿。

「2021年 『空を飛ぶパラソル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢野久作の作品

ツイートする
×