気まぐれスターダスト (ふしぎ文学館)

著者 :
  • 出版芸術社
3.28
  • (3)
  • (4)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882931850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10年ぶりくらいに星新一読んだ。

  • 短編集未収録作品を集めたってだけあって、全体の出来としてはあまりよくない。とはいえ、ジュニアSF集『黒い光』からの作品はアイデアに溢れた素晴らしいものばかりだし、『火星航路』なんかは古き佳きSFといった感じで楽しめた。ある程度、星新一作品を読んできた人向けでしょう。

  • 小学生の時に読んだ

  • すべて既読だった…


    きつねのはなしと黒い光などの珍しい作品が集められている

  • 星新一の澱というか迷走の軌跡というか、全肯定できるファンじゃないと少し引いてしまうような趣向、出来の作品集。
    こういう作品もあるんだ、という、全て読みつくした後に読むなら良し。

  • エヌ氏がN氏でえぬえぬえふえぬ。

  • 672.初、並、カバスレ、帯なし。
    2009.10/17.津BF.

  • この本は学校の先生が紹介してくれた
    星新一さんという方のショートショートが
    たくさん集まっています。

    星さんはショートショートで有名な方のようですね。
    短いお話は結構好きで
    しかも、最後に結構大きな落ちがあったりすると
    なおさらです。

    どことなく、阿刀田高に似た雰囲気を
    醸し出しています。

    ショートショートなんて、さっと読むんだったら
    隙間時間をしかり埋めてくれるから
    すごくちょうど良さそうですね。

    家にこの人の作品をストックしておきたくなりました。

    来年住む家は今の家より狭い予定なので
    厳しいだろうけれど。

  • 巨匠のショートショート。個人的にはボッコちゃんとか昔に読んだもののほうが面白く感じた。

全10件中 1 - 10件を表示

気まぐれスターダスト (ふしぎ文学館)のその他の作品

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする