竜王氏の不吉な旅―三番館の全事件〈1〉 (三番館の全事件 (1))

著者 :
  • 出版芸術社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882932307

作品紹介・あらすじ

本書には、アリバイ崩しの第一人者による表題の秀作ほか、真犯人の巧妙なトリックをあばく「白い手黒い手」、高慢チキな若い警部との腕くらべ「中国屏風」、奇妙な尾行で楽しませる「菊香る」等全九篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 懐かしいのは時代背景だけではないです。
    『名探偵』という在り方が、懐かしく思わせます。

  • 主人公の私立探偵の「わたし」は、依頼に詰まるったときにバー「三番館」のバーテンに相談する。
    バーテンは店から離れないままに見事な解決策を告げる。

    という安楽椅子探偵の話。

    容疑者となる依頼者(正確には容疑者の弁護士が依頼者だが)は無実であることが前提であるので、いかにして犯人のアリバイを崩すかが焦点になる。

    非常に安定して読みやすい話でした。
    よろめきドラマとか懐かしい響きですよね。

  • トリックが良かった。

  • 短編集。

  • 事件に巻き込まれた容疑者。怪しい人物には鉄壁のアリバイがあり、万策尽きた探偵の「わたし」は、三番館を訪れる――このパターンで統一されている。アリバイ崩しの倒叙ものなのだが、毎回飽きさせず無駄がなく隙がない。トリックは前例があるタイプもあるが、小道具の使い方が巧いので、読み終えたときに唸ってしまう。事件の始まりから終わりまで安心して読める。作者の本格に対するスタンスとひねりのきいたタイトルと共に、鮎川流の安楽椅子探偵を堪能した。

全5件中 1 - 5件を表示

鮎川哲也の作品

ツイートする