仁木悦子 名探偵コレクション〈2〉面の巻―櫟ファミリーの全事件

著者 :
  • 出版芸術社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882932949

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今となっては珍しい正統派ミステリー

  • 「猫は知っていた」を読んで以来、仁木悦子さんの作品を夢中になって文庫本で読みあさりました。いまでも、その文庫本は手元にありますが、さすがにカバーも色あせ、中の頁も茶色く変色・・・。
    本書は、仁木悦子没後25年にして、作品がハード本で再度出版された嬉しい企画。

    仁木作品のなかでは、仁木凸凹兄妹コンビ・三影潤のシリーズが多数あり有名ですが、他にも魅力的な主人公が活躍するシリーズがあります。それが、本書に収録される櫟ファミリー(櫟健介と妻・知子、息子・究介)のシリーズ。
    本書には、「二つの陰画」「花は夜散る」「一匹や二匹」「あした天気に」が収録されています。

全2件中 1 - 2件を表示

仁木悦子の作品

ツイートする