戦後合気道群雄伝―世界の合気道を創った男たち

著者 :
  • 出版芸術社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882933465

作品紹介・あらすじ

合気道の一般公開・普及に難色を示す開祖・植芝盛平。吉祥丸と双璧をなす実力者・藤平光一。合気会のライバルとなる養神館を設立する塩田剛三。合気道を競技化した富木謙治。合気道界一の暴れ者・阿部正。フランスから来た内弟子、アンドレ・ノケ…戦後の混乱の中、様々な人物の想いを飲み込みつつ、吉祥丸を中心として世界へと広がっていった合気道の姿を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん吉祥丸寄りな気もするが,合気会の歴史からは抹殺されている事実をきちんと拾っている印象。面白かった。また合気道やりたい。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

歴史家・作家

加来耕三の作品

戦後合気道群雄伝―世界の合気道を創った男たちを本棚に登録しているひと

ツイートする