白蓮の阿修羅

著者 :
  • 出版芸術社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882934851

作品紹介・あらすじ

天平6年、正月11日、興福寺西金寺の落慶供養が行われた。
安置された30体近くの仏像群の中で、ひときわ目を引いたのが、後に「日本人にもっとも愛された仏像」と言われる、あの阿修羅像だった。「神というより、人のようではないか」――若き仏師がそこに込めた思いとは。
苛烈な権力争いを繰り広げる男たちと付き従う女たちの葛藤、ひたむきな愛をドラマチックに描き上げた、日本人の魂の琴線に触れる感動の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったです。
    最初はやたら平仮名だけが細い書体に慣れず、読みにくかったのだけれど、慣れれば問題なかった。

    光明皇后、長娥子、教勝にひかれて書いた、ということなのだけど、そこに阿修羅像成立のことが絡んでいて、楽しく読めました。
    長屋王の変を扱っていたり、光明皇后を扱っていたりのものは読んだことがあるけれど、長娥子、そしてその娘教勝に視点があるものは初めてで、それだけでもなかなか新鮮でした。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

篠綾子/1971年埼玉県生まれ。東京学芸大学卒。第4回健友館文学賞受賞作『春の夜の夢のごとく―新平家公達草紙』でデビュー。主な著書に『義経と郷姫―悲恋柚子香菊 河越御前物語』『山内一豊と千代』『浅井三姉妹―江姫繚乱』『蒼龍の星』(清盛三部作)のほか「更紗屋おりん雛形帖」シリーズ、「藤原定家 謎合秘帖」シリーズ、「代筆屋おいち」シリーズなど。

篠綾子の作品

ツイートする