社会学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)

  • 三元社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883033119

作品紹介・あらすじ

「社会学のまなざし」は、何をみようとし、何をてらしだそうとするのか。そこから、「社会」は、どのようにみえてくるのだろうか。本書は、「社会学のまなざし」の基本構造を紹介するとともに、「まなざし」が映し出すあらたな社会像を具体的に示していく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の言われる通り、確かに刺激的で挑発的な毒性を持っていると思います。でも、それが社会学ということでしょうね。

  • 社会学の範囲広すぎ。どおりで多くの人が選択するわけがわかった気がする。
    グローバリゼーションから性の役割、ペットロスの話まで…。とにかく扱う範疇が広い。
    近現代の事象の研究に特化したとしてもこれだけ様々なテーマで調べるってのはすごいことかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

ましこひでのりの作品

社会学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に登録しているひと

ツイートする