成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著『字統』『字通』準拠

著者 : 伊東信夫
  • スリーエーネットワーク (2007年4月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883194315

成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著『字統』『字通』準拠の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類番号】14-54
    【保管場所】本社工場

  • 白川靜著『字統』『字源』準拠〜動物編から・・・月は「つき」の意味と「神への供物」という意味を持つ・・・供物は犠牲であり,牛や羊や犬も神に供された。牡は四つ足のケモノを云い,雄は隹がついているから鳥の類。鳥は大物を云い,隹は小鳥を指す。木に小鳥が集まっている様が「集」という字。鳥占いを盛んにやったことが窺える。能は分解不可能な字で,もともとは「やどかり」(自分で殻を持たない「できる」奴)。官は神を祀るための乾し肉を供えるための駐屯地の建物。植物編から・・・「朝」という字は〜草原から日が昇り西の空を見上げると月が残っている状態を表す。莫は日の入りで「なくす」「かくす」の意味を持つ・・・土で隠す場合は墓という字になる。秀は稲の花の形。季と年は同じ意味を持ち,祭祀権を持つ意味で,女がそれを行うと委という字になる〜自分の推測については「だぶん」「だろうと思う」と厳明を避け,白川先生の説は全面支持。同じ漢字が何度も説明されているのは何故だろう? 聞いたことのない出版社なのだが,自費出版と云うこともなかろう。まあ・・憶えきれないが,面白い。次があるか?

全2件中 1 - 2件を表示

成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著『字統』『字通』準拠のその他の作品

伊東信夫の作品

成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著『字統』『字通』準拠はこんな本です

成り立ちで知る漢字のおもしろ世界 動物・植物編―白川静著『字統』『字通』準拠を本棚に登録しているひと

ツイートする