涙は世界で一番小さな海―「幸福」と「死」を考える、大人の童話の読み方

著者 :
  • 三五館
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883204854

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の頃、学校の図書室などには必ず置いてあり、何気に読んでいた童話たち。
    アンデルセン、メーテルリンク、宮澤賢治、サン=テグジュペリ・・・
    数々の物語を読み、「面白い、楽しい、かわいそう、哀しい」など単純な感想をその当時思っていたことを思い出しました。
    しかし、この作品を読んでみて、童話の中には人間が生を受けて死に至るまでの人生の教訓、普遍思想が盛り込まれていることに気づかされました。
    私たちが生活していく上でのヒントがそこにはあるのです。
    私は、今一度この童話たちを読み返してみたい・・・。
    そんな気持ちになりました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

作家、(株)サンレー代表取締役、上智大学グリーフケア研究所客員教授

涙は世界で一番小さな海―「幸福」と「死」を考える、大人の童話の読み方のその他の作品

一条真也の作品

涙は世界で一番小さな海―「幸福」と「死」を考える、大人の童話の読み方を本棚に登録しているひと

ツイートする