ほめ日記―子育てハッピートレーニング

著者 :
  • 三五館
3.84
  • (3)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883205110

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「好きな自分」になるプログラム。
    言葉の力で「自分ほめ」。
    外の世界に向けがちな意識を自分に向けて
    中にあるものを外に出すよう想い、「自分ほめ回路」
    にスイッチを入れる。

    日常のささやかのことでもいいから毎日
    手書きで自分をほめる言葉を書く。
    (パソコンや携帯では脳にインプットされにくい
    ので下書きにはよい。らしい・・・)

    マイナスになる言葉は違うノートに書くか
    プラスの言葉に書きかえる。

    自分の自尊心を最初に満たすことで
    余裕を持って子育てにも向き合える。

    自分を愛しているお母さんがそばにいることで
    子供にもよい影響が生まれる。

    子育てはもちろん毎日の生活などにちょっと
    行き詰ったり気持ちをリセットしたい方にぜひ!

    続けることで思考回路が

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「プラスの言葉に書きかえる。」
      試してみようかな、、、私はマイナス志向で嗜好で思考なんです。
      「プラスの言葉に書きかえる。」
      試してみようかな、、、私はマイナス志向で嗜好で思考なんです。
      2013/06/07
  • そうだよね。まず自分のことを大らかにほめられるように、過度な謙遜や謙虚さを横に置き、自分の一日の頑張りを素直に、天真爛漫にほめてみたらどうだろう。あっけらか~んとほめてみたらどうだろう。
    そもそも、自分への肯定的な見方が欠如している人間は、その育ちできっといろいろな自分の感情を大事にされずにきてしまっているのだから・・・。
    人はどうとうか、あのときこうすればとか、悔いることはしなくていい。
    その日1日の自分の良さをしっかりみつめて、自分で自分をちゃんと受容しなきゃ。

  • 褒めるだけじゃダメじゃん? と思うが、褒めずしてやる気は続かない。(笑)
    反省は後でもできる。まずは凹まずに挑戦する「気持ち」を持ってのが大事だなと思わされた。
    自分が何をしているかを見つめ、考えること。
    反省もするが、まずは認めること。
    失敗しても努力を褒めれば、やる気が引き出され、諦めずにリトライできる。
    うん、なかなかよい本だ。

  • 日記も続けて書けない私だけど
    これなら自分のいいことを書けば
    いいからできるかも。

  • 20100925
    今日からほめ日記してみよう。
    その後、感想入力。
    20110412
    要点をパソコンで入力し、ノートに貼った。
    これで読み返さなくてもノートみてすぐ書けるだろう。

  • 麗らかな風にのせて、の美桜さんがブログ記事で紹介されていて、気になったので。
    読書中。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

一般社団法人「自己尊重プラクティス協会」代表理事。「ほめ日記」創始者。セルフエスティームコーチ(自尊感を育てるコーチ)として全国各地の自治体、団体などで講演、指導者の養成などを行う。全国の幅広い読者、受講者から「救われました!」と支持を受けている。著書に『ほめ日記効果・自分を味方にする法則』(三五館)、『親も子もラクになる魔法の“ほめ”セラピー』(学陽書房)、『ココロのきりかえ方』(PHP文庫)など多数。

手塚千砂子の作品

ほめ日記―子育てハッピートレーニングを本棚に登録しているひと

ツイートする