若返ったゾ! ファスティング

著者 :
  • 三五館
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883206254

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空腹感が長寿遺伝子をオンにする。
    偉人、才人、みんな小食。

  • ファスティングに興味があり、読んでみた。
    一日一食生活を送っている方の体験談もあり、とてもよみやすい。いいこと尽くめで、今すぐにでも一日一食生活やファスティングをしたくなる。
    下ネタというか、アッチが強くなる的な発言が繰り返し出てくるので、これを一番強調したいのかもしれないと感じた。それがいちばん若返りを感じやすいのかな?
    サクっと読めるし、ファスティングと小食で、どんな病気もかからなくてすみそうと思えてくる。病院も薬も必要ない。
    ガン3年、透析10年。透析は年間700万円くらいかかるらしく、病院は患者を使って荒稼ぎしている、らしい。もっとも、自覚しているかいないかの違いはあるだろうけれど、あまりにひどい。有料老人ホームでもしっかり三食食べさせるらしいが、それは食べ過ぎだし、早く死ねといっているようなもの。食べ過ぎが原因で病気になるが、病気になればもうかる人たちがいるし、食べ過ぎが体に悪いとは多くの人が知らないから、悪が横行している。
    ファスティング経験者の言葉に惹かれた。『「計らい」というのは、自ら為すものではない。生じるもの。それが天命です。わかりやすく言えば、「正しいことをやるな。楽しいことをやれ!」』(P62)
    腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れる、腹四分で神に近づく。これはヨガの至言だそう。
    レオナルド・ダ・ヴィンチ「動物を殺すことは人間を殺すことと同じである」「人間がこの事実を認識する日は、いつかきっとくるだろう」(P132)
    寂聴さん「あまり丈夫なので、度々健康の秘訣など問われる。うるさいので『元気という病気です』と答えるようになった。」(P145)
    ヒポクラテス「人間は、生まれながらにして身体の中に100人の名医がいる」(P148)
    西洋医学は、個々の症状に対抗するため「対症療法」とよばれるが、そもそも症状は病気ではなく、病気を治すための治癒反応だから、それを無理やり止めてしまう方が不自然だし、根治しない。
    体毒が体を巡り、血液が腐敗すると敗血症になり、いのちの危険があるため、それを避けるためにガンが出現しているとのこと。生命の延長装置がガンの役割だったとは驚きです。そのガンも、ファスティングで血液をきれいにすればいい。
    不快ホルモンのアドレナリンは毒蛇の3、4倍もの毒性があるそうで、ストレスは怖い。そのストレスもファスティングで軽減できるようなので、やらない手はない!

  • 「3日食べなきゃ7割治る!」と「やってみました!1日1食!!」を隅から隅まで読み尽したあとなので、この2冊の復習編としてさくさく読めました。前作二冊との違いは、薬害と男性機能についてより多くの焦点を当てていること。断食のステップが加わったのは分かりやすいが、「食」に対しては前作の方がお勧めです。あと、個人的には、前作の若泉さな絵さんのイラストの方が可愛らしくて良かったな。

  • で、続きで読んでみた。
    これって実証されているからね。
    なかなか興味深いぞ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1950年、福岡県生まれ。九大理学部を経て、早大文学部社会学科卒業。日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1985年、独立。以来、消費・環境問題を中心に執筆、評論、講演活動を行う。主なテーマは「医・食・住」から文明批評にまで及ぶ。近代の虚妄の根源すなわち近代主義(モダニズム)の正体は、帝国主義(インペリアリズム)であったと指摘。近代における医学・栄養学・農学・物理学・化学・建築学さらには哲学・歴史学・経済学まで、あらゆる学問が“狂育”として帝国主義に奉仕し、人類支配の“道具”として使われてきたと告発。近代以降の約200年を「闇の勢力」が支配し石炭・石油・ウランなどで栄えた「火の文明」と定義し、人類の生き残りと共生のために新たな「緑の文明」の創造を訴え続けている。有為の同志を募り「船瀬塾」主宰。未来創世の端緒として、「新医学宣言」を提唱、多くの人々の参加を呼びかけている。

「2019年 『世界に広がる「波動医学」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

船瀬俊介の作品

ツイートする