オレゴンの旅

著者 :
制作 : ルイ ジョス  Rascal  Louis Joos  山田 兼士 
  • セーラー出版
3.59
  • (5)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301089

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロッキー山脈懐かしい…
    帰るための鍵がもう必要ないなんて、寂しいような、また新しい旅への初まりなんだ!

  • サーカスの道化師が曲芸のクマのオレゴンに頼まれ、サーカスを抜け出して大きな森を目指します。
    その旅の中で自分を見失っていたことに気づいた道化師はオレゴンを約束の森へ連れていくと自分の旅へと出かけます。
    その旅の様子がとても心に響きました。

  • サーカスの仲間で友達でもあるクマのオレゴンから「ふるさとの森へ返してほしい」と頼まれた道化師のデューク。自分自身の変化にもほのかな期待を抱き、ニューヨークからオレゴンへ。ふたりの長い旅。

  • サーカス団でピエロのデュークは熊のオレゴンに出会い、大きな森まで連れていって欲しいと頼まれる。一人と一匹は長い長い旅をしてオレゴンの森へとたどり着く。自分も一緒に旅をしてる気分になる絵本。読み終わった時に、まるで映画を観終わったような感じがした。

  • テーマが、深いですね。
    「高学年~中学生の読み聞かせ」で使おうと思っていましたが、この絵本も読み聞かせには向いていないなぁと思いました。じっくり読みたい絵本です。黒人ドライバーさんのセリフがなんといっても、ふかい・・・。そのセリフがこの本のテーマですね。

  • 大人な絵本。
    何か迷いがあるとき、背中を押してくれる作品かも。

  • ピエロと熊のオレゴンの旅の様子が描かれています。二人の友情が素敵です。ピエロのその後が気になります…。

全7件中 1 - 7件を表示

ラスカルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
なかがわ りえこ
ユリー・シュルヴ...
ガブリエル バン...
ドナルド・ホール
マーガレット・ワ...
荒井 良二
モーリス・センダ...
エリサ クレヴェ...
ポール・フライシ...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする