ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった

制作 : David Shannon  清水 奈緒子 
  • セーラー出版 (1999年6月1日発売)
3.85
  • (27)
  • (25)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :265
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301331

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バカにされるのが嫌で「リマ豆」が好きな事を内緒にして居たら,
    ストライプになっちゃって.
    医者や研究者がいろんな事をいうものだから,
    二次障害・三次障害…
    わけがわからなくなって,

    どこかのおばあちゃんが持ってきてくれた「リマ豆」を
    「本当は大好きなの!!!!」って言ったら治ってしまうお話.

    「個人のあるがままを大切に」って文脈では読み聞かせに使われる絵本らしいのだけれど,
    これ,そのまま,発達障害界隈の問題に見えてしょうがない.

    自分の身体・感覚に正直に,行動すべし.

  • カミラはリマ豆が大好きな女の子。でも、みんなが嫌いなのでカミラも食べません。アメリカの新年度は秋に始まりますが、新学期最初の日、カミラは朝起きるとしま模様になっていました。お医者さんにも原因はわかりません。どうしたら元に戻れるのでしょうか?

  • しまもようになったところが、おもしろかったです。さいごに、リマまめをたべるところが、おもしろかったです。

  •  人目を気にする女の子の体が縞模様になってしまう。症状は酷くなっていくが、訪ねてきたおばあさんの助言で、自分だけが好む豆を食べると元に戻った。

     物語と込められたメッセージのバランスが良い。

     迫力あるポップな絵柄。

  • [墨田区図書館]

    6年生用の読み聞かせに選んだ一冊。一見表紙からもとてもおもしろく感じるけれど、この絵本の神髄は、「自分は自分」であることの大切さを問いかけているところにある。人目を気にしすぎる主人公の女の子の意識の変化を読み取れるようになってほしい。

  • 5年生、6年生。カミラが変わっていく様子を、気持ち悪いとか言って笑っていたけれど、最後は静かに聞いていました。

  • 好きなものは好き!と言える自分でいたい。

  • 29年度  5-3
    28年度 (3-3)(4-1)(4-2)(6-1)(6-3)
    11分
    図書ボランティア交流会おすすめの本

  • リマ豆が大好きなのにみんなに気持ち悪いと言われるから好きだと言えないカミラ。人の目ばかり気にして自分を隠していたらある日突然身体がストライプ模様になっちゃった!

  • 好きなものを好きという勇気。しましまがカラフル。ちょっと面白いお話。でも思ったよりは面白くなかったかなー

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイク・セイラー
マージェリー カ...
中村 牧江
くすのき しげの...
ばーじにあ・りー...
レミー チャーリ...
トミー=アンゲラ...
ユージーン トリ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃったに関連するまとめ

ツイートする