かえるごようじん

制作 : William Bee  たなか なおと 
  • セーラー出版
3.90
  • (14)
  • (11)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883301706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆あまりにもイギリス的なオシャレ絵本☆色彩・造形◎。紋切り型のセリフも楽しく、展開もブラックで◎。ただ、締めの一言が残念!(−_−;)

  • 印象的な絵と、テンポの良い地の文で、読み聞かせが楽しい絵本です。

    くり返しがあり、物理法則を超越したような描写は、伝承文学を下敷きにしたような、言ってみれば絵本としてはオーソドックスな展開です。

    しかし、クライマックスからラストシーンへの驚きの展開は、思わず「そんなのアリ?!」と言ってしまいそうになるどんでん返しです。

  • 7-1

  • 結末に唖然・・・

  • 衝撃的な絵本という評判が高かったので読んだ。確かにそうなのだが、まあわざわざ買って読むほどではなかった。

  • 「おばあさんの味方はたったいっぴきのちいさなかえるだけ」。しかしなんと頼もしい、番犬ならぬ番がえる!意外な展開にはギクリ。怪物の掛け声(?)がユニークで好き。ただ色彩感覚がちょっと…食後には読みたくないな。

  • 子ども向けの絵本でこれだけ爆笑したことないな〜。

  • 私がカエル好きで、息子と図書館で借りてきた。
    絵も素敵で、小さなちょっとした楽しみもあり。
    展開も大胆でステキ!

  • なんとなく可愛らしい絵なのに、びっくりするラスト。赤木かん子さんの本で紹介されていたもの

  • 今日のほいくカフェ会で、私の気になった本♪

全32件中 1 - 10件を表示

プロフィール

ロンドン生まれ。絵本作家、アーティスト、デザイナー。ポール・スミス、イッセイ・ミヤケなどのデザインも手がける。ヴィクトリア&アルバート美術館や、三越美術館などでの展示も多数。著書に「だから?」「カエルごようじん」(セーラー出版)「さてさてきしゃは はしります」(フレーベル館)などがある。好きなことは、ヴィンテージ・スポーツカーに乗ること、家の芝生のお手入れ。サフォーク州のしずかな田舎町、ベリー・セント・エドモンド在住。

かえるごようじんのその他の作品

【バーゲンブック】 かえるごようじん 大型本 【バーゲンブック】 かえるごようじん ウィリアム・ビー

ウィリアム・ビーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
くすのき しげの...
マージェリィ・W...
モーリス・センダ...
ひがし ちから
酒井 駒子
ユージーン トリ...
なかがわ りえこ
かがくい ひろし
谷川 俊太郎
長谷川 義史
マージェリー カ...
ヨシタケシンスケ
マーガレット・ワ...
レミー チャーリ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする