発想するコピーライティング (Brain Books)

著者 :
  • 宣伝会議
3.19
  • (4)
  • (9)
  • (40)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 151
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883350629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 買った!買ったよ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      頑張ってお勉強ですね。
      広告の形態が、この先どうなるか判りませんが、それに応じて「コピー」の方法と言うか、目指すところは変わっていくでしょう...
      頑張ってお勉強ですね。
      広告の形態が、この先どうなるか判りませんが、それに応じて「コピー」の方法と言うか、目指すところは変わっていくでしょうね。←別に「発想するコピーライティング」が古いと言っている訳ではありません。。。
      2013/05/22
  • いわば?
    つまり?
    たとえば?
    だから?

    コピーの発想もいかに単純明快にできるか。

    資料は古くても、基本は大切と心得る。

  • 見分ける力をつけるのに、吉
    何を、誰に 伝えるか、の強化に、吉だと思う。

  • やるしかない

  • コピーライトの作り方が書いてある。
    しかし内容が若干古いので、応用するのは難しい。

  • 2002年初版。通りで…

  • 日本で初めての広告コピーのドリル「コピー・ライティング」の著者が実務経験の粋を集め、広告・宣伝・広報の実務者やコピーライター、クリエイターに贈る秘伝の書!!

  • だから〜、だから〜の発想法はシンプルだが強力。

  • 教科書です。これから頑張ってください。たまに開くと反省する。

  • 良いキャッチコピーを考えるために買ってみましたが、私には合いませんでした。読んでいてあまり楽しくありません。その業界に携わって、日頃から仕事で使っている人なら新しい発見が沢山あるかもしれません。私の実力不足で楽しめなかったんだと思います。

全15件中 1 - 10件を表示

石原雅晴の作品

発想するコピーライティング (Brain Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする