コピー年鑑〈2012〉

制作 : 東京コピーライターズクラブ 
  • 宣伝会議
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883352685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784883352685

  • 今年のコピー年鑑は、TCC50周年を記念して、過去50年のグランプリ作品も紹介されています。

    【世の中のこれからを考える】
    広告表現がモノからコトへ移行して数十年、
    私たちの消費行動も確実にその流れをたどりつつあると思います。

    そして時代は、コトからキオクへ?、はたまた再度モノへ?
    そんな視点で眺めてみるだけでも、気付きがたくさんあります。

    【コピーを読むということ】
    コピーを書くことは「対象の中に練りこまれている何かを引き出すこと」的なことをいってた方がいます(糸井重里)。
    だとすると、コピーを見る・読むことは、ある側面でリバースエンジニアリングとも言えるでしょう。
    つまり、それは、製品の作り手の意図・それを解釈したコピーライターの意図を汲み取り、対象物に潜むストーリーを見出すこと。

    これはマーケティングに必要な力そのものではないでしょうか。

    モノ作りをする人、サービス訴求をする部署の方は、ぜひ一度目を通してみてください♪

    いざわ

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする