僕たちはこれから何をつくっていくのだろう

著者 :
  • 宣伝会議
4.19
  • (21)
  • (17)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 171
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883352791

作品紹介・あらすじ

広告会社から「完全なるインディペンデント」を掲げて独立し、すべての仕事において「本当のこと」を伝えようと闘い続けるクリエイティブディレクター・箭内道彦。連載当時、愛ある激しさで業界に波紋を投じた広告専門誌『宣伝会議』の人気コラム「箭内道彦の広告ど真ん中」が待望の書籍化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クリエイティブの力が今の世の中に対して出来ることは、もっとたくさんある。
    そう思わせてくれる本だった。
    どんなかたちであれ、自分も異なる意見をつなぐ役割でありたい。

    つまづきそうなとき、また読み返したい本。

  • ポップでキッチュだったヤナイさんのシンプルな思想論。
    なんかラノベのタイトルみたい。

  • すごい本。
    尊敬する広告クリエイターのひとり箭内道彦さんの著書。
    多分若いときの箭内さんは今よりもっとギラギラしてて、尖っていたんだろうなって思う。
    でも、今はギラギラは残しつつ尖った部分が丸くなったんだ。
    色んなことと戦いながら、すり減らしたから、辛いことを知っているからこそ、今は丸みの中に温かさが残った。

    すごいあったかい本。

  • 嘘を上手に吐くより、本当のことが起こる場を用意する
    自分の体で感じたことに正直に生きる

  • 福山さんとの対談で二人の人柄や考え方を少しは理解できた気がした。そうか、作り手ってそうよな、隙間を作品にしたいな。そんなことを思った。

  • 奥トレで交換してもらった一冊。著者の「広告」「伝えること」への情熱の詰まった一冊で、やっぱ仕事すんならこういう姿勢で取り組みたいし、そんな人と一緒に仕事したいと思わせてくれるいい本でした。著者の普段の仕事がよく伝わってきた。確か交換会の中でも「自分のやる気を出す一冊」として紹介されていたと思うけど、まさにそんな感じの一冊。

  • 風とロックの箭内さんの広告論。独自の目線の言葉の羅列が面白く、図書館で2回借りて読んだ。3回目は買おうと思う。
    「みんな明日が来るって思い過ぎなんだ」の言葉にはっとなる。

    読みながら、ドキドキしたり涙が出たり、とにかく揺さぶられる1冊でした。

  • 戦うヒントをイッパイ得られました。
    「広告ど真ん中」自分の行動指針のような本です。
    しばらくとなりにおいていつも読み返せるようにしたいと思います。

  • 風とロック、箭内道彦氏の宣伝会議のコラムをまとめた一冊。広告ど真ん中の著者が目指すコミュニケーションとアクションの試行錯誤が伝わります。メモ。(1)今、異なる意見の間にある問題をきちんと顕在化し、橋渡しする人が必要。(2)エマニュエル・レヴィナスという哲学者がいて、「100人が正しいと思っていたとしても、そうではない考えの人が現れた時に理解は出来ないけれど認めるというのが倫理だと言っているんですよね。自分と他者の関係の中で、理解しえぬ他者こそが自分にとっての希望だと。(3)現地に行ったり、人にあったり、そこで感じたことをまた伝えたりっていう『肉体性』が今必要とされてる。肉体性とは自分の体で感じたことに正直に生きる。

  • 東京プリン 福山と対談

全16件中 1 - 10件を表示

箭内道彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
朝井 リョウ
三浦 しをん
ジェームス W....
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

僕たちはこれから何をつくっていくのだろうを本棚に登録しているひと

ツイートする