ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる

  • 宣伝会議
3.72
  • (13)
  • (30)
  • (14)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 299
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883352838

作品紹介・あらすじ

だれでもできる突破思考の技術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スルーをブレイク。

  • 企画力を上げたい人にお勧めの一冊。

    企画力やアイデア発想法に関する本は多数あるが、その中でそのプロセスを身に付けるためには、できる限り言語化して、そのプロセスを教えてくれる本を読みたいところです。

    本書は、まさにそんな本です。

    企画って、どういうこと?
    どう考えればよいのか?

    そんな疑問を持った方に読んでほしい一冊です。

  • 様々な思考ロジックがどのようなメリット・デメリットがあり、どのように組み合わせてアイデアを創出していくかがわかりやすくまとめられている。

  • 空中即売会にいきなりホップしたので、その間を知りたいなと思ってしまいました。

    ゴール地点に行くまでは右往左往するし、結果論で見ることは簡単だけど、ゼロから生み出すのは、また別の能力よね。ほんとそれこそ、言語化への執着。伝えようと努力を続けること。

    瑣末なことに囚われず、こういった技能、考え方が身につくようなところにサッサと移動しなければいけない。

    にしても、一人総合職的な考えを後押しされたようで良かった。一つの業界にしがみついても、視野は狭くなってしまうのだ。

  • 日頃自分が行っている、ブレインストーミングの姿がみえたように思う。
    共同脳の実現には、まだまだ現実を変えていかねばならないだろう。

  • 企画を考える際には
    手元に置いておきたい一冊。

  • アイデア発想法について、すこしまとめて再考したくて読み直しました。ブレイクスルーの思考の枠組みがシンプル(未来図、突破口、具体案)なのと、発想ロジック(三段論法、積み上げ、連想、組み合わせ、類似、仮想、仮説、逆転)も簡潔にまとまっているのが良いと思います。

  • 3/273

  • ブレイクスルーを生むためのアイデア発想法の本。
    広告代理店の担当者クリエイティブによる本。
    論理思考である街の思考と、思考の飛躍が必要とされる森の思考と二つがあり、この二つをうまく駆使することが新しいアイデアには必要。

    <メモ>
    ・手触りのある未来図を描くこと。胸に落ちるような内容にする。
    『未来図がブレイクスルーの飛距離を決める』
    ・建前ばかりで本音を無視した高学歴プランニングは失敗する。
    ・中身のないハコモノ企画も前に進まない。
    ・森の思考に必要な6つの思考法
    ①連想 ゴードン法 抽象的に連想させ、ヒントを探す
    ②組み合わせ KJ法など
    ③アナロジー シネマティクス法 NM法
    ④仮説思考 これが意味することは・・
    ⑤仮想法 もしも
    ⑥逆転法 逆に 

  • 2013年3月27日初版
    木村健太郎 磯部光毅 著


    アイデアを生み出すための頭の使い方を、著者の経験から方法論に昇華した本。

    ものすごい頭のよさがにじみ出まくっている内容。
    これだけのコトをこれだけカンタンに書いてあるんだから。
    今まで自分が、自分なりに方法論として行っていた頭の使い方が、
    この人の方法のどの部分にどう整理されて駆使されているのか、
    相対的に分かっちゃって、ああそらまだ勝てないわって思った。

    一番大事なのはやっぱり、アブダクションだと思うよ。

全17件中 1 - 10件を表示

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれるのその他の作品

木村健太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
三浦 しをん
デイヴィッド・オ...
博報堂DYグルー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれるを本棚に登録しているひと

ツイートする