ふるさと納税の理論と実践 (地方創生シリーズ)

制作 : 事業構想大学院大学ふるさと納税・地方創生研究会 
  • 宣伝会議
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883353873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自治体がいかにうまく制度を扱えるか

    ■概要
    ふるさと納税の現状と課題、効果について。全国レベルでみると、納税額の総和は最大化されない。むしろ52%が取り分で、残りました40%が返礼品、10%弱が手数料や広報にかかる諸経費。
    それでもやる意味があるのは、返礼品を地元に紐づけたものにすることで、地域特産品や地元の観光資源のプロモーションになるから。
    定住人口の増加は望めないけど、関係人口は増える余地あり。
    また一般財源化することによるリスクはある。ふるさと納税制度が終了した後の予算をどうするかを考えておかないと、歳入減少に苦しむことになるため、あくまで一般財源化は慎重になるべきなのか?

    ■所感
    事例やポイントを把握するのには役立った。

全1件中 1 - 1件を表示

保田隆明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×