いつものはなし

著者 :
  • 青林工藝舎
4.23
  • (47)
  • (24)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 324
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883792702

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これすごい。装丁もすごくすてき。薄気味悪さがなんともよいです。

  • 絵のうまさはすさまじい。不思議な怖さや少女の日々、著者のエッセイのようなものが淡々と描かれた短編の数々の物語もステキだ。素晴らしい!

  • このおかっぱのこのファッションかわいい

  • ロッキングオンの「H」に載っていた「髪の毛」を久しぶりに読んだら、すごく懐かしくなった。当時の得たいの知れない空気がそのままでなんだかこそばゆい。つげ義春のような混沌を抱えている本。不気味で孤独なのに、ついのぞきたくなる。

  • 近藤聡乃さんの描く線がとても好き。

  • 装丁も紙のチョイスもインクの色も、もちろん中身もパーフェクトにわたし好みでした!近藤さんの書かれる手書きの文字が好きです。

  •  「今日の話」「最近の話」「一年後の話」の連作が秀逸! 近藤さんの昔の作品から、最近の作品まで、幅広く、ごちゃごちゃに混ざっているかんじが良かった☆

  • 2012/7/31購入
    2012/8/18読了

  • 個人的に、はこにわ虫よりすきです。懐かしい気持ちにさせられました。

  • 私にとっては、表題がすべてを表している。自分の女友人の中で、この本が好きだ、分かる、という人はみな、私も含めて孤独を愛する女性な気がする。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年千葉県生まれ。漫画家、アーティスト。2000年にマンガ家デビュー。アニメーション、ドローイング、エッセイなど多岐に渡る作品を国内外で発表している。2010年、アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム)においてTop25に選出。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。コミックスに『はこにわ虫』『いつものはなし』(ともに青林工藝舎)『うさぎのヨシオ』『A子さんの恋人』(1)〜(4)(KADOKAWA)、作品集『近藤聡乃作品集』(ナナロク社)、エッセイ集『不思議というには地味な話』(ナナロク社)などがある。2008年よりニューヨーク在住。
公式HP http://akinokondoh.com/

「2018年 『ニューヨークで考え中(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

近藤聡乃の作品

ツイートする