恋バナ (青)

著者 :
  • スターツ出版
2.92
  • (9)
  • (28)
  • (125)
  • (21)
  • (21)
本棚登録 : 283
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883810352

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋の短編集。

  • 4-88381-035-6 168p 2005・8・15 1刷
    ◎読んでいて感情が昂る
    怒、悲(哀)、失望感・・・
    物語風ではなくごく身近なリアルな恋を巡るお話

  • つまんねェ~(怒)

  • 内容は赤と似ていますが、青はモヤモヤがのこる感じがした。

  • この本は5つの短編物語になっています。
    笑顔・元カレ・約束・臆病・理由の5つです。
    青はどちらかというと悲しいお話んいなっています。
    最後に掲載されている「恋の詩」は共感できます!!

  • この本は5つの短編物語になってます。
    恋バナ(青)は「笑顔」「元カレ」「約束」「臆病」「理由」の5つです。
    赤のほうはやや感動系ですが、
    青はどちらかというと残酷な物語になっています。
    恋バナ(青)の方には最後に「恋の詩」が掲載されていて、
    どれも共感できる内容ばかりでした。
    男女問わず共感できると思うのでぜひ読んでみてください。

  • 「笑顔」、「約束」、「理由」、「元カレ」、「臆病」の5つのお話が収録されている短編集です。恋バナ(赤)はハッピーエンドばかりだったのにかかわらず恋バナ(青)は対照的に残酷な終わり方ばかりでした。読んでいて悲しくなり泣いたりもしました。実際に作者の元に送られてきた体験談を元に話ができているので読んでいてとても伝わるものがありました。

  • 短編集で、収録されている物語は「笑顔」「元カレ」「約束」「臆病」「理由」の五つです。
    赤のほうは感動系で、青はどちらかというと残酷な感じ。
    最後に載っている愛の詩?はまあまあよかったかな。

  • 赤に続いて読みましたが、赤も青もどっちも読んでいて面白かったです。
    いろんな人の恋愛が書いてあって、人によっていろんな恋愛があるんだなーと思いました。

  • この本はいろんな恋愛の話が載っている本です。この本の宣伝に使われていた曲を聴きながら本を読んでみました。悲しい恋愛の話が多かったので、涙するところもいくつかありました。主に私と年齢が近い人たちの話が多いのですごく共感できるところもありました。失恋したときに思いっきり泣きたいときにこの本をまた読んだらすごく泣けそうだと思いました。短編集だったので飽きないで読むことができるので本を読むのが好きでない人にも読みやすいと思いました。

全62件中 1 - 10件を表示

恋バナ (青)のその他の作品

恋バナ (赤) 単行本 恋バナ (赤) Yoshi

Yoshiの作品

ツイートする