天使がくれたもの

著者 : Chaco
  • スターツ出版 (2005年10月発売)
3.40
  • (81)
  • (56)
  • (203)
  • (31)
  • (16)
  • 509人登録
  • 147レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883810383

天使がくれたものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 待てないかもって、3ヶ月やん。
    待ってればもっとハッピーになれたのに、3ヶ月ってそんなに長いかな。本当に好きなら何年でも逆に待てそうやけど。

  • 読み始めて一気に読んでしまいました。。

    人の弱い部分やずるい部分、そぅいぅところも隠さずに書かれていて、ほんとにすっごく共感できます。
    自分が同じ立場だったとしても同じ選択をしたかもしれないって思ったりとか、感情移入しやすいっていぅんでしょぅか??
    すごく引き込まれました。。

    “素直になっていれば、後悔はしなかった。”

    誰かと過ごす一瞬一瞬はそのときのものでしかなくて、二度と取り戻せない時間…自分に素直になることとか素直に伝えること、簡単なよぅで難しぃことをちゃんとできるよぅにしたいなぁって思いました*

  • お話の始めにでてくる入学式の話がおもしろかったです。後々の話がきになるドキドキする本でした。

  • 高校生の時に読みました。
    泣ける。切ない。
    ぜひ「君がくれたもの」も読んでもらいたいです。

  • ありきたりです。ケータイ小説は私には合わないです

  • 2009/06/17読了

    ケータイ小説はあんまり好きじゃないけれど
    すすめられたので読んでみました
    まあ、うん、ありきたりですね

  • 私立高校に通う舞の物語です。そこで出会う友達との友情と人生の悩みなど・・・。実話をもとにしたこの本は、人生で失敗した事から逃げずに、向き合うことの大切さを教えてくれました。  (電気電子工学科 ジン)

    配置場所:2F後援会文庫
    請求記号:913.6/C 31
    資料ID:060049418

  • 初のケータイ小説読破。
    しかし、、、ガッカリ。
    実話であろうが、
    読み物としては稚拙な感が拭えないなー。
    こういう本、文字が良書として持ち上げられることは、
    日本人の感性の低下につながると思ってしまった

  • ■0966.
    <読破期間>
    H21/6/26~H21/6/26

    <本の内容>
    高校に入ったばかりの舞が経験する、あたたかい友情と、じれったく切ない恋の物語。
    お互い思い合いながらも、ほかの人と付き合ってしまったり、すれ違うばかりの舞とカグ。
    長い時間と失敗を経て、2人はようやく結ばれようとするが…!?

  • 初めて読んだ携帯小説。

    あんまり携帯小説は好きではないけど
    この作品なら許せる。

    すれちがって、すれちがって
    やっと向かい合えたのに・・・・

全147件中 1 - 10件を表示

天使がくれたもののその他の作品

Chacoの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
アレックス シア...
綿矢 りさ
森 絵都
中野 独人
島本 理生
有効な右矢印 無効な右矢印

天使がくれたものに関連する談話室の質問

ツイートする