3日間命の輝き―天使になった娘がのこしたもの

  • スターツ出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883811106

作品紹介・あらすじ

娘を抱くことができたのは3回。18トリソミーという病気を選んで生まれてきた娘が教えてくれた大切なこと。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短い命を精一杯生きた赤ちゃんに感動!親の愛にも感動❤❤

  • 以前テレビでこのご夫婦のお話を聞いてから、読んでみたかった
    本です。

    自分自身は赤ちゃんが大好きで、赤ちゃんを見かけただけで
    ニマニマするほどなので、自分も赤ちゃんが出来たら
    ニマニマしまくるだろうなぁと思いますね。

    先日赤ちゃんに2時間ほど会える機会があったんですが、
    人によってはうるさいと感じるかもしれない泣き声、
    お乳を飲ませてもらうと恍惚とした顔で(笑)もぐもぐ飲んで
    静かになるんですよね。
    ちゃんと「お乳欲しい」てサインを出すんだな、賢いなと思いました。

    自分自身は赤ちゃんを産めてませんが、母の妹にあたる子
    (私にとっては叔母さんにあたる)が、やはり3日ほどで亡くなったそう
    で、昔なので出生届も出せないままだったそうですが、
    祖母は今もその子の名前を呼んで手を合わせているという
    話に、ホロリとしたのを思い出しました。

    命がどれだけ短くても、おなかの中で亡くなってしまったとしても、
    重さに違いはないと思います。
    だから、尚更ご両親は辛いだろうなと思いますし、
    現実の流産の多さを考えると、多くの両親になっているご夫婦は、
    この重さを乗り越えていらっしゃるんだなと思いますね。

全2件中 1 - 2件を表示

千住英正の作品

3日間命の輝き―天使になった娘がのこしたものを本棚に登録しているひと

ツイートする