天国までの49日間

著者 :
  • スターツ出版
3.73
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883811359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 913.6 サ 登録番号8026

  • ケイタイ小説は、普段は読みません。何となく文章が美しくないイメージがあって。

    今回、iPhoneのアプリにあったので読んでみました。

    文章は想像よりは違和感を感じず、サクサク読めました。ストーリーは、ずっしりくる部分と、ん?という安易な部分が混じっている感じでした。

    担任の先生やいじめの主導者だった女の子は、後半の展開からすると内面が書き足りなかったのかな、という物たりなさがありました。

    いろいろあっても、同じグループの女の子達が最後に分かりあい、仲良くなる展開も、ちょっと簡単すぎたかな、と。最後ハッピーエンドに持ち込む部分も強引だったように感じます。

    とはいえ、気軽に読むにはまずまずの内容だったかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都在住。代表作『天国までの49日間』は2008年に書き上げられ、第5回日本ケータイ小説大賞にて応募総数9,116作の中から大賞を受賞し、作家デビュー。その後、フリーライターに転身。現在、webを中心に小説やコラムを執筆している。最近は開運アドバイザーとしても活躍。著書に『70年分の夏を君に捧ぐ』『100回目の空の下、君とあの海で』『八番目の花が咲くときに』(すべてスターツ出版)、『線香花火のような恋だった』(集英社オレンジ文庫)など。生きることの尊さと儚さ、壮絶さを描いた作品が人気。

「2021年 『文庫 16歳の遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井千姫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×