蒼穹のローレライ (Holly NOVELS)

著者 : 尾上与一
制作 : 牧 
  • 蒼竜社 (2015年10月28日発売)
4.39
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883864416

蒼穹のローレライ (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1945シリーズ4作目。
    今回は初の整備員×零戦乗り。
    私は床と天井で萌える腐女子ですが、これが実際に雲の上と地上とで離ればなれになると何とまぁ切なくて、有り体に言えば泣きすぎて呼吸困難起こしました。

    毎回毎回しつこいほど泣かされてるシリーズなんですが、作者のここで泣かせるぞエヘン! みたいな意図が見えないので好きです。
    物語冒頭は終戦後18年も経ってから、突然元整備員の三上のところに上官の息子が訪ねてくる、というところから過去に遡っていきます。

    三上と零戦乗りの塁の出会い、整備員の矜持と搭乗員の信念。埋まらない溝と平行線を引く価値観。
    まるでいたちごっこのような二人のやりとりは、読んでる方が可笑しくなるくらいにお互い譲らないんですが、その譲らない想いが終盤になって涙腺を直撃してくる伏線になってます。
    声の出せない塁と、その声を唯一聴くことの出来る三上のコンビは、二人だけの関係を構築していくには最適でした。
    また三上の、整備員としての気配りが性格にもそのまま出ていて、剥き出しの刃のような塁にそっと布を宛がって包み込むような優しさが沁みます。
    悲惨を極めた塁の過去を、そっと解すように抱きしめ、本当は寂しくて仕方がなかった塁が三上に惹かれていく様はとても自然で心があたたまる。

    が、そんなふたりの絆を断ち切るかのごとく、徐々に悪化していく戦況。物資も乏しくなり次々と襲撃を受ける基地。そんな中で必死に互いを守り合おうとする二人ですが、声が出ないという弊害もあってか、塁の想いは三上には簡単に通じませんでした。
    「いってらっしゃい」の一言にこめられる三上の言葉の重みに、何とも言えない胸の痛みを覚えます。
    今までの話はペアだったので運命共同体という感じだったのですが、待つことの辛さをここにきて知った気持ち。

    そして最後まで塁を守ろうと必死に搭乗する零戦を整備した三上と、三上は絶対に死なせまいという決意を持って空に向かった塁……。
    そこからはもう、ずびずびと鼻をかみ、鼻の下は真っ赤、瞼はぼわぼわに腫れ上がり、ゴミ箱はティッシュの山で大変なことに。ケチって鼻セ○ブ使わなかったのを後悔しました。
    そして塁の発した「死にたくない」に、仕舞いには呼吸困難ひきおこし、ひんひん嘔吐いてもんどりうつことに……。

    結末としてはそれぞれ受け止め方が異なるとは思いますが、私はごく自然な終わりで良かったと思っています。
    そして初回封入ペーパーを読み、はじめてそこで三上の気持ちに区切りが付いたようにも感じました。
    この作品でも両者生き残って、というストーリーだと、ご都合すぎて非常に白々しくなってしまうというのもあったのですが、どうして表紙が塁ひとりなのか納得です。
    そしてタイトルを思い返し、またむせび泣く。

    塁の懐中時計には、三上のばらした時計の部品も入っていて、それはまるで二人が一つの魂となって時を刻んでいるようで、非常に美しかったです。
    初読はもどかしくてざざーっと読んでしまったので、じっくり再読しようにも、冒頭文からすでに滂沱の涙で先に進めないという非常事態。
    【あのとき、できなかったから】の文章で嘔吐いて咳き込むほど涙が噴き出してどうしようもなくなる。

    シリーズ自体がもう好みが分かれすぎているので、今更嫌悪感があるのに手を伸ばす方は少ないとは思いますが、わかりやすいハッピーエンドじゃないと、という方は避けた方が賢明かもしれません。
    戦争物に抵抗なく、身が引きちぎられるほど痛い話どんと来いな方には、ぜひともオススメしたいです。

  • 友人にめちゃめちゃ薦められたので読みました。ラノベレーベル以外の初商業BLだったんですが、わりとあっさり読めた。
    WW2戦時下のラバウル基地における日本軍整備兵×零戦乗り。余裕のあるわんこ攻めとかわいそうなお姫様受けって感じかな……と思いながら読んでた。初っぱなから友人にも裏面あらすじにも死にネタ暴露された状態で読んでいるわけですが、なんというか、BLっていうより青春ものかな……?という感じ。戦争ものというには、上官に対する態度とか緩すぎだし、負傷兵に関する描写が全然綺麗なので、本当に戦争してんの???という気持ちにはなる。(グロ耐性高いから想像してたのと違っただけかもしれないけど)
    ただ、飛行機に関する描写はきちんと調べて書いてあるんだな~、って感じで、戦闘シーンの緊張感のなさは単純に向き不向きなのかも。
    肝心の恋愛部分についてはあまりにじれじれなので、行間を!読んで!!!という感じのまま両思い後、唐突にエロに突入するのだが、描写自体はかなーり綺麗なぼやかし系なので、BL初心者にはありがたい感じ。ただし、あくまで「何故ここでいきなりやってんだこいつら」という気分を無視できたら。最初からBL読む気持ちで読めば問題ないのであろう。
    明日をも知れぬ命の中、ただお互いの存在を刻みつけ合う為だけに一分一秒をも惜しんで求め合う戦場の愛……!みたいなのも理解できるんだけど、ならいっそもっとドエロで書いてもらった方が切羽詰まってる感あって良かったのでは~?と思わなくもないが、ここらへんは好み。
    そんなわけで、どちらかというと、戦争ものとか恋愛ものとかではなく、20代の未来ある若者たちが、お互いの存在によって過去も未来も救われようとしていたのが、戦争によって儚く引き裂かれる運命を読むというか、若さゆえの純粋さを愛でるというか、うーん、青春ものです。
    泣けると噂の本作ですが、泣けるかどうかは行間を読んで登場人物にどれだけ感情移入できるかという腐女子力です。

  • 号泣しました。
    1945シリーズでは、「天球儀の海」が一番好きだったのですが、それに次ぐ、いえもしかしたらこちらの方が好きかも。

    購入からかなりの日にちを積んでしまっていたので、購入時に頂いた特典小冊子の行方がわからなくなってしまいました。残念(>д<)

  • ああ、辛い…。今までの作品がそうだったがために、どこか甘く構えてしまっていました。ハァーー。浅郡塁(あさむらるい)、彼の憎しみで固められていた心は三上の素直さと優しさでときほぐされたのは明らかですが、彼にはまだ生きていける未来が選べたはずです。。彼の最期の言葉が、彼の本心が、もうどうしようもなく悲しいです。これは三上も死ぬのが怖くないんでしょうな。彼が自分のことを愛しく思ってくれていて、そんな彼が自分より一足先に逝き自分を待ってくれているとわかったら。
    今までのように2人現世で幸せにとはならないラストでしたが、2人の想いがあるのは確かなのです。彼は本当に立派な搭乗員です。

  • シリーズ通して読ませて頂いています。今回は初めて少しバッドエンドというか、片方が亡くなってしまう最後です。けれどそのことが必ずしもバッドかどうかは読む人にとって変わってくるラストのように思いました。私は不幸ではないと思います。それはやはり尾上さんの書く描写の一個一個が繊細だからというのもあります。声が出ない零戦乗りのとはすごいなと最初思いましたが、読んでいくとそのことがきちんと意味を持ってくるのが面白いところでした。声がないから伝わるものもあって、逆に伝わらないものもある。徹雄だけがその言葉を理解できるのも互いが唯一になれるキーワードですね。想い合ってるはずなのに、生きて欲しいと伝えたのに、累が死んでしまうのは悲しかったけれど、徹雄も累が本当は生きたいと願って一生懸命生藻掻いての最期だとわかって本当によかったです。
    個人的には、零戦て無線の電波がを悪いと有名だと聞いたので、声の伝えることできない累が零戦乗りというのはなかなか深いことだなというところです。だからこそ歌うというのも生死を分ける戦場ならではでいいなと思いました。
    古参の恒や六郎、秋山さん、新などの名前が出てきてちょっと嬉しかったです。
    今回は『乗る人』ではなく『整備する人』の心情や機体に対する思い入れなどが語られていて非常に新しい気持ちで読めました。

全5件中 1 - 5件を表示

蒼穹のローレライ (Holly NOVELS)のその他の作品

尾上与一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼穹のローレライ (Holly NOVELS)を本棚に登録しているひと

ツイートする