海外ブラックロード -危険度倍増版-

著者 :
  • 彩図社
3.20
  • (4)
  • (13)
  • (37)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 94
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883923366

作品紹介・あらすじ

旅は本来、危険なもの。カッパライ・ネオナチ・タカリ・強盗・テロ・差別・刑務所…他の旅行記では読めない「危ない」話、満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何だこの著者。内容ウンヌン以前に言葉の端々から女性蔑視が甚だしいので不愉快になって読む気が失せた。トリカゴ放送でゲスト出演してたの楽しく聴いてたので、こんな人だったのかと知ってガッカリ!!

  • これを読んで世界は危険だらけなんだなと思いました。 

    日本はなんて平和なんだ。。。 

    あとがきに旅を恐がらないでほしい的な事が書いてましたが、 

    そりゃ~無理だ! 

    ここまで恐怖心をあおっておいてそれはね、、、 

    でも世界は広いんだと感じさせてくれる一冊でした

  • とても刺激的で楽しまれているようだが、
    自分はそこまではいいやって感じ。

    短い人生色々誰でも危険なこともあるけど、この作者はちょっと濃すぎるよう。早死にしそうで心配。

    海外では特に日本で味わうのと違う恐さがある地域もあるっていうのは本当にその通りだと思う。
    日本でも場合によってはとんでもないところもあるけど・・・

    好奇心を満たしてくれるのには充分な一冊。
    海外渡航前にちょっと楽しみながら読めば、気も引き締まって丁度いいかも。

  • 話のネタとしてはおもしろいけど。。。
    ただの武勇伝?
    こうゆう日本人はいやだ。
    あと、もっと校正入れて読みやすくしてくれ。
    とても読みにくい。

  • まぁ、普通に旅していれば全く問題ないかと。授業の暇つぶしと思って購入したが、不規則信号論の時間中に読み終わってしまった。かのネコ西氏も一瞬で読み終わっていたようである。

  • 「うぁ、こんな世界があったのね」というような感じです。ブラックロード、知りたいけど経験はしたくない。そんなわがままな人におすすめな一冊です。安心してください、私もわがままです。これを読めば思う。例え戦場でなくとも、旅行に行く時は現地情報を十分調べてから行動しようと。

  • 海外の黒い部分が満載。
    面白かったwww
    まあ、行かない・・・行けないけれど。

  • 海外の危険な町の紹介。
    恐いと言うより、ぞくっとする町も。

  • 旅で遭遇する危険について
    「地球の歩き方」でも後ろのページに危険な体験談が書いてあり、心配性の私は熟読していたが、それが詳しく書かれた感じで、じっくり読んでしまった
    海外旅行に夢を抱いている人は、行く前に心がまえに読んでおいたほうがいいと思う。
    著者は40カ国以上を旅してる。いろんな体験をしているが、引用に書いたような信念があるからこそ、進んでいけたんだと思う。
    世界はいろんなことが起こる。それを楽しむくらい大きな心で、だまされたら、経験と思って、あきらめるしかないと思えた。

  • 行った先々でボラれたり命の危険に遭遇する度にマジギレする筆者の姿は読んでて爽快w
    旅行記としても旅の安全マニュアルとしても楽しめます。

    まず目次がすごいw 「車に乗せられて」「ネオナチの襲撃」「無法地帯ナイロビ」「コロンビアの首なし死体」「アメリカ獄中記」「ボストンの差別オヤジ」・・・これだけで内容の凄まじさが伝わってくるようw

    ちなみに表紙はナイロビの米国大使館襲撃テロの翌日に撮ったものらしい。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

20歳からイギリス、アメリカと留学(遊学?)して、その後、面白い写真を求めて海外を放浪する。60ヶ国以上を渡り歩く。特に好きな地域は南米。
著書に『海外ブラックロード―危険度倍増版―』『海外ブラックロード―最狂バックパッカー版―』『アジア・ブラックロード』『南米ブラックロード』『アフリカ・ブラックロード』『海外ブラックロード―南米地獄の指令編―』『世界中の「危険な街」に行ってきました』『ブラジル裏の歩き方』(いずれも小社刊)などがある。

海外ブラックロード -危険度倍増版-のその他の作品

嵐よういちの作品

ツイートする