ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ

著者 :
  • 彩図社
3.02
  • (0)
  • (12)
  • (21)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 74
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883923892

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/02/05

    現代は、路上を歩くだけで苦労の絶えない時代である

    断るのに「フリーター」て言えばいいのか



    ブルジョア社会

  • キャッチセールス。誰しも関わり合いになりたくないもののひとつだろう。そこに敢えて飛び込んでいくだなんて変人としか言いようがない。けれど、実際について行ったらどうなるのか?確かに気にはなる。危険を顧みず潜入し、こういうことを教えてくれるなんてありがたいですよ。絶対ついていかんどこうと固く心に誓いました。

    他にも迷惑メールに返信したり、悪徳商法にわざとひっかかってみたりと、いろんなシリーズがあるので、そちらも読んでみたいです。

  • 再読。
    怪しげなキャッチセールスや宗教について言ったらどうなるかを実践した本。

    自制心が働いて行かなかったけど、オレも何回かイチビリ精神でついて行きたかったんだよなあ~。

  • キャッチセールスにつかまるとどうなるのか実録されている一冊。たしかにこういうのあるよなぁ、と自分でも幾つかは経験したものがあったので膝を打てるが、それも自分が致命的な被害に遭っていないからこそ言えること。法律すれすれなこれらのビジネスってどうしてなくならせることができないのか…やはり消費者が学ぶことが重要だよなぁ、と思います。

  •  実際について行っちゃうのが何とも(笑)

  • 自分では絶対覗けない世界だから、読んでいて参考になった。一度キャッチにつかまってビルの一室に連れてかれたことあるけど、友達と待ち合わせしてて時間がないから強引に「帰る」と主張して事なきを得た覚えが…。気をつけよう。

  • 街中でキャッチセールスをしている人に本当についていったらどうなったかの体験ルポ。作者は20業界ものこの手のキャッチを体験しているが、いやあこれは面白い!!なんだか、人々の心にある「怖いものみたさ」を十分に刺激してくれる。この感触は北尾トロ氏の「裁判長懲役4年でどうですか?」に通じるものがある。近年まれに見る雑多本業界のキングでしょう。

    一方でこの手の詐欺に引っかかりやすい大学生には教育的指導の意味もこめて必読させるべきだと思います。

  • キャッチに引っかかったことはないけど、もしついて行ったらどうなるのか?という好奇心を満たしてくれる本でした。今となっては見かけることが少なくなったものもあり、キャッチにも流行があるのだなーと、時代を感じます。

  • 今もあるキャッチセールスの話なのかな?情報が少し古い気もする。こういう本を買うような人なら、あまり引っかからないような気も・・

  • 私もこれからはキャッチセールスには「職業、フリーターです」で通そうと思った。

    絵の即売会、手相、性格診断自己啓発セミナーは、ああ、ありそうだね~と思ったけど、一番よく解らなかったのは「胡散臭いボランティア団体」に潜入!…の章。
    署名やチャリティーコンサートとか、はともかく、なんでみんなお風呂入ってないんだろ?
    「世にも奇妙なUFOの集い」に潜入!…も、意味が解らなかった。

    それからこの本、著者が解釈違いをしてるな~と感じるところも2ヶ所ほどありました。

全19件中 1 - 10件を表示

ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポのその他の作品

多田文明の作品

ツイートする