海外ブラックロード―最狂バックパッカー版

著者 :
  • 彩図社
3.16
  • (2)
  • (4)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883924448

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく読んだ。

    「うっそで~」とツッコミ入れたくなるような、色々な意味で“キケン”な話が満載(^-^)v

    だが、どの話も嘘だとは思わない。
    かなり怖い話ばかりのはずも、笑って読み進められた。

    2012.03.09.了。

  • 狂ったように危険な場所に、平気で突入する筆者の度胸に脱帽。今後も怪我しない程度に頑張っていただきたいです。

  • 前作の危険度倍増版のほうが衝撃的だったように思います。 

    オレはもてると自慢してるように感じるのは気のせいでしょうか? 

    アウシュビッツは興味深かったです。

  • 彩図社ブラックバックパッカーの中でも飛びぬけて危ない地帯を攻めている著者

    かなり熱いです。
    ここには絶対逝かない。という意味で良い参考書です

  • こういう本は、サクサク読めるのがいいと思う。単純明快な感想が面白い。

  • これは、二冊組みのような形で、危険度倍増版というのが別にある。もちろん両方GETした。
    夏休みに入る前、若気の至りを大いに生かし、旅やら、冒険やら、サバイバルやらの本を読み漁った。
    いまから思えば、THE香田証生さんみたいな本だった。なんで、こういうの好きなんだろう

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

20歳からイギリス、アメリカと留学(遊学?)して、その後、面白い写真を求めて海外を放浪する。60ヶ国以上を渡り歩く。特に好きな地域は南米。
著書に『海外ブラックロード―危険度倍増版―』『海外ブラックロード―最狂バックパッカー版―』『アジア・ブラックロード』『南米ブラックロード』『アフリカ・ブラックロード』『海外ブラックロード―南米地獄の指令編―』『世界中の「危険な街」に行ってきました』『ブラジル裏の歩き方』(いずれも小社刊)などがある。

海外ブラックロード―最狂バックパッカー版のその他の作品

嵐よういちの作品

ツイートする