最後に伝えたかったこと―故人に届けたい47のメッセージ

著者 :
  • 彩図社
4.18
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883927814

作品紹介・あらすじ

本書は、僧侶である著者が、葬儀や法要のときに、遺族の方から故人に向けて語りかける言葉をまとめたものです。
47の言葉の中には、飾り気のない、遺族の方の真摯な気持ちが溢れています。
本当に大切なことに気づかせてくれる1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Amazonのレビューでは評価が真っ二つに分かれている。一つ星が7人、5つ星が6人、それ以外はない。一つ星をつけている人たちは、フェイスブックで著者の瀧本さん自身が書いている「携帯に残された最後のメール」についての真偽を問いただし、批判している。また震災を食い物にするなとも。

    「携帯に残されたメール」の真偽は僕にも分からないし、震災の被災者を食い物にするようなことはしてはいけないと思う。しかし、この本は、震災で亡くなった人たちのことは取り上げられているかどうかは定かではない。何年も前から瀧本さんが葬儀や法要で遺族から聞いたことを書き留めたものを本にしたと書いている。「携帯に残されたメール」の話も掲載されていない。

    僕は素直に泣かされてしまった。短いストレートな表現に、いろんな思いが詰まっているのを感じた。しかし、伝えるべき相手が亡くなってからでは遅いのだ。「感謝は貯金はできない」という瀧本さんの言葉は得心させられる。感謝をしてそれを相手に伝えるということは、結局、自分のためであるのだと思った。「感謝は人の為ならず」

  • 子に先立たれる親の気持ち。は言葉にならないくらいの悲しみなんだと思う。

  • 仕事中の昼休みに読むもんじゃない。
    花粉症ですっていうには甚だしいこの目から汗…。

  • 資料ID: W0160410
    請求記号: 141.6||Ta 73
    配架場所: 本館1F電動書架A

    僧侶である著者が、葬儀や法要の際に書き留めていた遺族の言葉を、ほのぼのとしたイラストとともにまとめた本。
    短い文章には、身近な人を失った悲しみや喪失感、あるいは故人との思い出などが、残された人だからつかえる言葉遣いで、ぎゅっと凝縮されています。
    受入している時に、カウンターで読んでいて思わず喉が熱くなってしまいました。(S)

  • 僧侶である著者が、葬儀や法要で遺族が故人にあてた言葉を書き留めていた手記をまとめたものです。


    両親や子ども、パートナー。
    身近な関係であればあるほど、私たちは甘え、そしてまた期待をしてしまいます。

    親なんだから当たり前、夫なら(妻なら)こうすべき、と期待を掛けるとき、

    私たちは与えられていることには気も留めず、「もっともっと」と求めてばかりいるのかもしれません。

    この本の中で紹介されている47の手記には、最愛の人に伝えたい"想い"があふれています。
    それは、何かを求めるのではない、ただ"愛おしい"という気持ち。

    そんな気持ちに、失って初めて気がつくのはあまりにも切ない。

    ならば、今、私たちにできることは何だろう?
    そんなことを考えるきっかけになる1冊。

    是非、読んでみてください。

全5件中 1 - 5件を表示

最後に伝えたかったこと―故人に届けたい47のメッセージのその他の作品

瀧本光静の作品

ツイートする