ブラックアフリカ紀行―サハラ砂漠を縦断せよ

著者 :
  • 彩図社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928392

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 14.mar.3

    アジア「裏」紀行とおなじ人が書いた本。

    ブラックアフリカって、闇のアフリカみたいな意味かと思ったんだけど、アフリカの中で黒色人種が主に住むところを意味するんですね。笑

    アフリカに対するイメージがなさすぎて、読み終わった今、どんな国がでてきたっけ?とかあの話はどの国だっけ?とかごっちゃになってしまった(°_°)

    列車の席取りの応酬が面白かったなー
    人をあんなにはねのけてまで必死になるなんてすごい。笑

    筆者の一人称がたまに「俺」になるのがいやだったな…

  • 最近、彩図社の海外旅行物を好んで読んでいます。

    現地でのえげつないボッタクリや強盗エピソードなどは国内の旅行では殆ど淘汰され、まず聞く事がありませんが、国外ではまだまだあるというのがゲスな言い方ではありますが非常に楽しく読めます。

    あくどい人もいれば、掛け値なしのいい奴もいる。日本とは全く異なる国でのこういう出会いというのが旅の醍醐味なんでしょう。

    モーリタニアのヌアディブ行き列車内での足蹴と懐中電灯ビーム席取り攻防の一戦を終え、夜が明けた車内で和やかなムードになるエピソード。一晩中競り合っておきながら何和気あいあいしとるのと思いながらも、そういう思い出も悪くはなさそうに見えるから困る。

    アフリカという大陸を一括りにして認識しがちな自分ではありますが、実際にはそれぞれの国により気候や民族も異なっているというのを忘れてはいけない。
    最近は日本や中国の企業もどんどん進出してきているので、今後は無視・無関心ではいられない。21世紀というのはアフリカがまた大きく変わる時代になるのでしょう。

    とりあえず著者の平間さんは頑張って旅をしてください、友人の川島さんがパイロットになれる、その日まで。

    追記
    最後に本書を象徴する、宿のオーナーからの素敵な言葉を紹介してレビューの締めとしましょう。
    「どうなるか分からない。なぜならここはアフリカだから。」

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1975年生まれ。浅草出身。
中学3年間をイギリスのウェンブリーで過ごす。
大学を卒業して、念願の旅行会社に入社するが「転勤はない」という条件だったにも関わらず、さり気なく「福岡に行ってくれるかな」と言われ、「じゃあ、いいです」と4ヶ月で退社。
その後はタイ料理屋、イベント会社などを転々とし、現在はIT系企業に在籍。
無人島での自給自足の生活に憧れている。
著書に『アジア「裏」旅行』『アジア「裏」旅行 ―180日間激闘編―』『アフリカ「裏」旅行』(いずれも彩図社)がある。

平間康人の作品

ブラックアフリカ紀行―サハラ砂漠を縦断せよを本棚に登録しているひと

ツイートする